扉が閉じた

扉が閉じた。
たまたま吹いた風のせいだったが、その空き家に入り込んでいた猫にとっては死活問題だった。
閉じただけで、鍵がかかっているわけでもない扉。
人間ならば簡単に開くことの出来る扉。
猫は何度も何度も、そこから出ようとノブに飛びついたり、窓ガラスを必死で引っかいたりを繰り返した。
何日もにわたって。
次第にやせ衰え、飢え死にするしかないと猫が考えたかどうかは判らない。
空腹のあまり、朦朧とした意識の中で猫は壁をかじってみた。
それはおいしかった。
夢中で猫はそれを食べ続けた。

その家は猫のおとぎ話に出てくる、森の中のキャットフードの家だったのだ。

a0152009_22163379.jpg


おわり




ちょっとこのブログの扉を閉めようと思って、こんなお話を即興で作りました。
閉めると言っても、鍵はかけませんし、またすぐに開きますのでご心配なく。

このブログを始めたのは去年の8月25日なんですね。
その日付を見て、「あー、そうだったな」と思いだしました。
今はほんとに仕事が忙しいんですよね。
毎日ぐたーっとなって家に帰って来ます。
でも、気持ち的には疲れてないと思いたいと言うところがあるんでしょうね。
いくら疲れてても、これまで通り小説を書いたり、皆さんのブログにコメントして回ったりを続けられるはずだという思い込みがあったんでしょう。
でも、やっぱり体が疲れている時は、心も疲れていたんですね。
ちょっとした事をきっかけに何にも出来なくなってしまいました。

このブログを始めたのが8月25日だと言うので気がついたんです。
その頃になると、仕事も一段落して時間も出来て、そろそろ何かを始めようかと言う気持ちになれる。
8月25日というのはそういう時期だったんだなと言う事です。

じゃあ、無理をせずにそのあたりまで更新を休んじゃえば?と思ったんですよね。
扉を閉じても鍵がかかってなければ、人間なら簡単にまた開けられます。
そういう意味を込めて、でっちあげたお話ですが、オチは違う方向でハッピーエンドと言う感じですね。

それではまた近いうちに。


PS.
そうそう、ピグは疲れている時にはしてはいけませんね。
いくら疲れてても、画面上の自分の分身はとても元気にふるまうので、自分が疲れていないと言う錯覚に陥ってしまって、余計に疲れます(笑)
また、現実世界の街を歩いている人が一瞬ピグのように思ったりしますよ。
この人をクリックするとプロフィールが見れるんじゃないかとかね(笑)
いかんいかん。



ランキング参加してます。
クリックで喜び組↓
にほんブログ村 小説ブログ 掌編小説へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]
Commented by りんさん at 2011-07-07 09:48 x
そうですか。。。
でも鍵は掛けないとのことなので、安心しました。
また扉が開くのを楽しみにしています。
お忙しいようなので、無理しないでくださいね。
Commented by haru123fu at 2011-07-07 16:10
海野さんがお部屋に閉じこもっちゃうととっても淋しです。
でも、鍵が掛かっていないので、こうしてお邪魔しました。
8月25日頃にはお仕事も一段落して、また、お話を書いて下さるのを
楽しみに待っています。
あ、くれぐれも鍵はかけませんように、お願いします。(*´ェ`*) 
Commented by 春待ち りこ at 2011-07-07 17:18 x
そうなんですね。
でも、気長に待っております。
海野さんの文章は、詩的な響きがあったり
本気で怖かったり。。。ひきこまれるんですよね。
扉のアイデアもすっごく良かったです♪
また、扉が開く日を。。。楽しみにしています。

私もずいぶんスローペースになりました。
震災以来、どうも力が出ません。

お仕事、頑張ってくださいね。
でも、暑い夏。。。
くれぐれもご自愛なさってください。

ピグは。。。
いつも元気に動いてくれますよね。
毎日、元気にグッピグをしまくってます。。。
けど、実は疲れてたりするのかなぁ。。。気をつけよっと。
Commented by marinegumi at 2011-07-13 09:03
りんさんおはようございます。
まあ、きまぐれにたまには開けたりすることもありますのでよろしく。
Commented by marinegumi at 2011-07-13 09:10
haruさんこんにちは。
鍵はかけないどころか、ときどき閉じるのを忘れたりね(笑)
またお話が書けるのかどうか、心配ですけどねー
でもそれは毎回思う事なんですよね。
お話を思いつかない時はどうやってこれまで思いついていたのかがわからなくて不安になる。
ずっとそんな感じでやってきました。
Commented by marinegumi at 2011-07-13 09:30
りこさんこんにちは。
一仕事すると、麦茶を1リットルほど飲みます。
それが1日3回ぐらいかなー
夏が終わるまで、ひたすらがまんと言う感じです。
学生時代は夏が好きでしたけど、今は秋ですねー
by marinegumi | 2011-07-06 22:32 | 掌編小説(新作) | Comments(6)