「ほっ」と。キャンペーン

タイムマシン (2枚)

a0152009_20372173.jpg

小学5年生だった頃。
自分が中学生になるなんて、まだまだはるか未来の事だった。
そして、やがて大人になる日なんて、ぼくには永遠に来ないだろうと思っていた。
日々はとても長く、ひとつの季節が過ぎ去るのに、気の遠くなるほどたくさんの時間が必要だった。
いやそれどころか、真夜中にふと目覚めたときには、朝が来るまでの長い長い恐怖の時間を暗闇の中で過ごしたものだ。
それほどに時間の歩みは遅々としていた。
ぼくはもう永遠に少年のまま、歳をとることなく生き続けるのだろうと思った。

ある日、気が付くとぼくはタイムマシンに乗っていた。
大人の体と言うタイムマシンだ。

ぼくはそのタイムマシンで、遥かな未来へ来てしまった。
いろんな興味深い、めまぐるしい出来事をまの当たりにしながら時間を疾走するタイムマシンは次第にスピードを速め、更に未来を目指している。
ぼくの大人の体の中には、小学5年生のぼくが乗っている。
タイムマシンは日々その速度を速め、どこまで行ってしまうのかと、ふと、ぼくは不安になる。
そろそろぼくがやってきた時代へと帰るべき時がやって来たような気がする。
改めてタイムマシンの操作パネルを確認した。

どうやらその使い方を思い出すまでには、いま少し時間がかかりそうだった。




おわり




詩とも掌編小説ともつかない物を書いてみました。


それにしても、この暑さはいつまで続くんでしょうね。
仕事から帰ってくると、ぐったりして何にもする気になれません。
それでもいつかは涼しくなるのは間違いないとは思いますが、2、3日でも涼しい日が続くと、このやる気のなさは回復するものと信じています。


ランキング参加してます。
クリックであなたに幸運が(笑)
    ↓
にほんブログ村 小説ブログ 掌編小説へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]
Commented by ishia2011 at 2012-08-20 21:04
こんにちは。
ああ、時々臍を噛みながら、そんな風に思うときがありますな。この自分の体に乗っているのが小学5年生の自分だったら…… 硬くしぼんで弾力を失いつつある(失ってしまったとは、思いたくない(笑))自分を自覚しながら、です。
海野さんは、いい年の重ね方をしているでしょうね。負けないようにしないと (^ ^;

それでは。
Commented by 雫石鉄也 at 2012-08-21 13:33 x
この話、歳とらないと書けない話ですね。
おたがい、歳取りましたね。
Commented by haru at 2012-08-21 18:56 x
あ、目が時計に変わってる。(笑)
今日は札幌も真夏日でした。暑いとホントなんにもしたくないです。
でも、そちらは夜でも暑いのでしょうね。

タイムマシンに私も乗ってしまいました。帰り方がわかりません。(;_;)
久々の海野さんの作品、朗読させていただいても良いですか?
お願いします。m(__)m
Commented by marinegumi at 2012-08-22 00:13
ishiaさんこんばんは。
「さあ、もういいや。そろそろあの時代に帰ろうか?」なんて、妙にそれが出来そうな気がするこの頃です。
いい年の重ね方なんてとんでもないですね。
中身はまるっきり子供のままの自分がいます。

ところで、ishiaさんの作品を読むと、アイデアを短編小説にまで膨らませる方法の勉強になりますね。
Commented by marinegumi at 2012-08-22 00:17
雫石さんこんにちは。
そうですねー
なんかブラッドベリ爺さんの気持ちになっていました。

ところで、歳をとったなんてのは禁句ですよ。
若い体でやっているブログですからね(笑)
Commented by marinegumi at 2012-08-22 00:23
haruさんこんばんは。
こちら、今夜はいつもと比べてわりと涼しいですね。
もう、暑さはぶり返さないでおくれよー

人生はみんな一方通行のタイムマシンなんでしょうね。
朗読、よろしくお願いします。
Commented by りんさん at 2012-08-22 13:17 x
お久しぶりです。暑いですね。

私も20歳のころに、タイムマシンに乗っちゃったのかもしれません(笑)
精神年齢ばっかり若くて困ります。
いいお話でした。ありがとう^^
Commented by ヴァッキーノ at 2012-08-22 21:13 x
わかりますねえ。
ボクも実は、精神年齢は小学5年生の夏休みで
止まっていると思うんです。
そうでなかったら、こういう感じで
お話を書いたりできませんよ。
うんうんと、頷いて読んでしまいました。
同感!
Commented by marinegumi at 2012-08-22 22:43
りんさんこんにちは。
暑いですねー
長年同じ仕事をしてきて、毎夏汗はかきますが、ズボンまで汗でぬれて着替えた事はなかったです。
この夏は3度ほどありましたよー

りんさんは20歳で乗りましたか。
おとなだなー
やっぱり男はいつまでも子供なんですよね。
Commented by marinegumi at 2012-08-22 22:47
ヴァッキーノさんこんばんは。
ヴァッキーノさんも小学校5年生ですか。
そうですよね。
男の精神年齢ってそんなもんです。
それが20歳の精神年齢の女性と結婚するんですから、尻に敷かれるわけですよね。
Commented by haru123fu at 2012-09-09 11:47
おーい!海野さぁ~ん!元気ですかぁ~!
Commented by marinegumi at 2012-09-09 14:08
haruさんこんにちは。
元気かどうかー
まあ夏の終わりとしてはこんなものでしょうかね。
近況はツイッターとか見てもらえればわかるように、ぼちぼちリハビリ中という感じですね。
お話を考えようと思うとまだちょっと努力が必要です。
何も考えずにボケーっとしていたいという気持ちが強くて、なかなかあれこれ考えを巡らせる状態にならないんですね。
ふだんならごく普通にそれが日常的にできているんですが。

そんな感じですね。
by marinegumi | 2012-08-20 20:44 | 掌編小説(新作) | Comments(12)