「ほっ」と。キャンペーン

やぎさんゆうびん事件 (5枚)

a0152009_19553637.jpg


白やぎさんから お手紙ついた
黒やぎさんたら 読まずに食べた
しかたがないので お手紙かいた
さっきの手紙の ご用事なあに

黒やぎさんから お手紙ついた
白やぎさんたら 読まずに食べた
しかたがないので お手紙かいた
さっきの手紙の ご用事なあに

Ⓒまどみちお



童謡「やぎさんゆうびん」は非常にポピュラーである。
すっきりとした歌詞と、何度も同じ繰り返しが予想されるユーモアは秀逸だ。

さて、白やぎと黒やぎが書いた手紙の大半は「さっきの手紙のご用事なあに」である。
しかし白やぎが最初に書いた手紙がどういう内容であったかの記述はない。
それが実に長い間謎のままで、そのために様々な憶測がささやかれ、考察がなされて来たのである。
しかしいくら考えてはみても、それがいかに合理的であっても想像の域を出ないのだ。
そこで我々は許可を得て、白やぎの住居を調査する事にした。

調査に入って二日目に白やぎが手紙を書くのに使用したと思われる便せんを発見した。
その便箋はコクヨ製の「決定版便箋つれづれセミB5縦罫10行35枚×10」と言う商品で、植物繊維の多い和紙製である。
これなら黒やぎの食欲をそそるには充分であったろう。
この便箋の残された一番上の一枚を仔細に調べると、くっきりとペンの跡が残されていたのである。
白やぎはかなり筆圧が強かったと思われる。
そして、その文章はあの有名な「さっきの手紙のご用事なあに」であった。
あまりにも当然な結果に一時落胆した我々ではあったが、さらに調査を進めた。
すると、屑籠の中に使い切った便箋の表紙と裏表紙を発見したのだ。
これは先程の「決定版便箋つれづれセミB5縦罫10行35枚×10」ではなく、同じコクヨ製の「決定版便箋風月セミB5縦罫10行30枚×5」であった。
これも紙質は和紙である。
この便箋の最後の一枚がひょっとして白やぎが黒やぎに書いた最初の手紙であるわずかな可能性にわれわれはかけた。
裏表紙は便箋と同じ紙質ではなく厚紙である。
いくら白やぎの筆圧が強いとしてもペンの痕跡が残っている可能性は少ないと思われた。
しかし、さすがに現在の光学技術は進んでいた。

警察の鑑識に技術を提供している大学の研究室に分析を依頼したところ、筆圧によって厚紙にわずかに残った文字がくっきりと浮かび上がったのだ。
それは1枚の写真として我々の手元に帰って来た。
そしてその書かれていた内容は驚くべきものであった。
「黒やぎさんへ 最近このへんをオオカミがよくうろついています 気をつけてね」
われわれはこの調査結果を警察に提供した。
そう、白やぎと黒やぎはその後行方不明になっていたのだ。

数日後、白やぎと黒やぎの失踪当日のアリバイのなかったオオカミが逮捕され、現在取調べを受けている。



おわり



さて、おまけに様々なバージョンの「やぎさんゆうびん」の替え歌を作ってみました。

白やぎさんは お手紙書いた
封筒に入れて 切手を貼った
ポストに入れる時 うっかり食べた
お家に帰って も一度書こう

子ぎつねさんが お手紙書いた
ポストのお手紙 タヌキさん集め
配達するのは 白やぎさんだ
お腹がすいて みんな食べた

白やぎさんは お腹がすいた
手紙の代わりに メールを書いた
食べたつもりで みんな消した
そんなこんなで げっそりやせた

オオカミさんから お手紙ついた
白やぎさんたら 読まずに食べた
仕方がないので お家に行った
さっきの手紙の… 白やぎ食われた

白やぎさんが 小説家デビュー
原稿書くはたから みんな食べる
仕方がないので 担当者の人は
自腹でパソコン 買ってあげた


ランキング参加してます。
クリックであなたに幸運が(笑)
    ↓
にほんブログ村 小説ブログ 掌編小説へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]
Commented by haru123fu at 2012-12-30 14:39
うわー!スゴイ!なんということ。童謡がサスペンスに変身して、
見事な推理が展開される。これって、朗読するには最初の童謡を歌って。。。ということになるのでしょうね。
すごく面白い!海野さんも挑戦者ですね。

今年も、大変お世話になりました。来年もよろしくお願いします。
良いお年をお迎えください。(__)ペコリ
Commented by marinegumi at 2012-12-30 19:24
haruさんこんにちは。
これもやっぱりツイッター小説の発展形ですね。
今やもう、何か書きたいなと思ったらツイッターの過去のついのべから探して書く感じです。
ところで、「やぎさんゆうびん」に関してはもっとすごいのがあります。「やぎさんゆうびんの謎」です。http://www1.odn.ne.jp/mushimaru/bakaessay/goats.htm

ありがとうございます。
ほんと来年、なんかいい事があってほしいですねー
Commented by ヴァッキーノ at 2012-12-30 21:00 x
おひさしぶりっす!
でも、いつもツイッターを
見てるので、そんなにおひさしぶりな
感覚はないんですけど
これは、まさに「ある視点」部門ですね!
白黒つけたくなります。
なんつって。
そんなわけで、
今年もありがとうございました。
来年だって、負けじといい年にしましょうね。
Commented by curatortome at 2012-12-30 21:44
白ぼけさんから コメントついた
黒ぼけさんたら 読まずに消した
しかたがないので コメントかいた
さっきのコメント ご用事なあに

黒ぼけさんから コメントついた
白ぼけさんたら 読まずに消した
しかたがないので コメントかいた
さっきのコメント ご用事なあに

ⒸTome館長

「ぼけさんコメント」の歌でした。
お互い、来年あたり気を付けましょう。

良いお年を!
Commented by marinegumi at 2012-12-31 16:54
ヴァッキーノさんこんばんは。
お久しぶりみたいな感じ。
こちらもなんだかコメントを書くのが億劫で、ツイッター小説なら気軽に書ける感じですね。
ツイッター小説を毎晩書いているから他の事が出来ないと言うのもあるんでしょうけど。

白ヤギさんが初めに書いた手紙の内容は?と言う事に気が付いた時は「すごい!」と思いましたが、検索すると色んな人がその事について書かれていました。
まあ、自分なりにこんな感じに仕上げてみました。
Commented by marinegumi at 2012-12-31 17:00
Tome館長さんこんばんは。
白ぼけさんがカギコメくれて、黒ぼけさんがログインしてないので気が付かないままと言うのもエキブロだったらありそうですね。

>お互い、来年あたり気を付けましょう。
そうですよねー
この間、天童よしみの名前が思い出せませんでした(笑)
顔をめちゃ良く知ってるのに名前が~
2~3日後に突然思い出しましたけどね。
テレビで名前が出て思い出したのではなく、自分で思い出したので、まだましかも。
Commented by y_fstw at 2012-12-31 21:44 x
 今の子供だったら言いそうですね。
 「だったらメールで送ればいいじゃん」
 って。
 ヤギが小説を書いたら良い文をかきそう。メェ〜文なんて……。

 今年もいろんな話を読ませていただきました。
 ありがとうございます。
 よいお年を!
Commented by marinegumi at 2013-01-01 21:52
y_fstwさんこんばんは。
あけましておめでとうございます。
そしてお帰りなさい。
やっぱりヤギはメェ~ルを使うべきですよね。
今年もよろしく。
Commented by haru123fu at 2013-01-03 08:59
やぎさんゆうびん事件を朗読させて頂いても宜しいでしょうか?
お願いします。
Commented by marinegumi at 2013-01-03 09:48
haruさんおめでとうございます。
おう、これを朗読ですか~
よろしくお願いします。
歌を歌うなら、アカペラではなく、カラオケで歌ってほしいですね。

ところで、『クリスマスの物語トーナメント』に参加中です。
よろしければ、投票を。
ただいま準々決勝です。
http://novel.blogmura.com/tment_mup/10_4286_3.html
Commented by 春待ち りこ at 2013-01-06 08:14 x
たっ。。。食べられちゃったんですね。
食欲にまかせて、安易に手紙を食べたばっかりに。。。あらあら。。。
にしてもいつものことながら、さすがですね。
とっても面白かったです。
替え歌の方もメチャ楽しみました。ありがとっ♪

長らくご無沙汰してすみませんでした。
年も明けたことですし、新たな気持ちで頑張ります。
・・・・・・のつもりです。はい。。。(笑)
今年もどうぞ、よろしくお願いいたします。m(_ _)m
Commented by りんさん at 2013-01-06 22:25 x
あけましておめでとうございます。
やぎさん郵便を、こんな風に解読するなんて楽しいですねえ。思わず笑っちゃいました。
しかも、ちゃんとオチがあって事件解決。
素晴らしい~^^

今年もヨロシクお願いします。
Commented by marinegumi at 2013-01-09 17:47
りこさんおはようございます。
ありがとうでーす。
考えてみれば、この替え歌一つ一つを発展させればそれぞれお話が作れそうですね。
毎晩ついのべを4本以上、ノルマみたいに書いていますが、デメリットもあるようです。
お友達の作品にコメントを付けるのがなんか億劫になっちゃってますね。
それからついのべのままで満足してしまって、掌編小説に発展させようと言う気力があまり起きてこないんですよね。
Commented by marinegumi at 2013-01-09 17:50
りんさんこんばんは。
おめでとうございます。
今年も変わらず面白い作品を見せていただける予感。

やぎさんゆうびんの白ヤギさんが書いた最初の手紙に関してはすごい考察がネット上にありますね。
by marinegumi | 2012-12-29 19:57 | 掌編小説(新作) | Comments(14)