寝不足 (5枚)

a0152009_2234347.jpg

目が覚めると起きる時間を30分以上過ぎていた。
目覚ましはちゃんと定刻に鳴って、ずっとスヌーズ機能で5分おきに起こしてくれようとしていたようだ。
どうも最近寝不足のようで、なかなか目が覚めない。
8時間は眠ったのだから睡眠時間としては充分なはずなのだが。
急いで出かける支度すると、何とかいつもの家を出る時間より10分遅れているだけだった。

で、時計の針を10分戻した。


自転車で駅前まで来ると若いOLらしい娘が自分の自転車のそばに座って何やらやっていた。
「どうしたんですか?」
と聞いたけれどチェーンが外れているのが一目で分かった。
「僕がやりましょう」
と言ってポケットの手袋を手にはめてちょいちょいと直してあげた。
「ありがとうございます」
「いえいえ、どういたしまして」
ありがちな「お名前は?」「メールでも」なんてのはなく、そのまま別れた。
ちょいちょい、とは言っても時間は20分かかっている。
いつも乗る電車は出てしまった後だった。

で、時計の針を20分戻した。


電車に乗っていると僕が座っている前にいるおばさんが変な顔をしていた。
どうやら左後ろにいるおっさんが彼女のお尻を触っているらしい。
駅に着いたとき、おばさんが大声を出した。
「あんた、痴漢したでしょ!」
そう言って男の腕を掴んでいる。
ところが腕を掴まれたのは真後ろに立っていた若いサラリーマンだった。
「さあ、警察へ行きましょ!」
そう言いながら若い男を引っ張って電車を降りた。
当然若いサラリーマンはいう。
「人違いですよ~」
僕の降りる駅ではなかったけれど仕方なく一緒に降りた。
警察へ行って証人になってやろうと思ったからだ。
駅員がやって来た。
警察ではなく駅の事務所で色々あって、僕の証言もあり、その若いサラリ-マンの疑いは晴れたが、1時間以上過ぎてしまっていた。

で、時計の針を1時間戻した。


僕の勤める研究所の最寄りの駅で電車を降り、外へ出ると、血相を変えて走って来る男とすれ違った。
手には大きなカバンと、ちらっと見えただけだが血の付いた刃物があった。
男を見送ってから、少し歩いて行くと人だかりがしていた。
人が刺されて荷物を奪われ、倒れているらしい。
どうやら強盗事件のようだと言う。
間もなく救急車が来る、パトカーが来るの大騒ぎだ。
野次馬は殆どが勤め人なので、ひと時そこにいると自分の会社に向かい、ずっととどまる人はいない。
次々に入れ替わる。
僕はその現場のお巡りさんに言った。
「あの、僕、犯人らしいやつを見たんですけどね」
それから今度は本当に警察へ行き、冷静に観察していた、男の人相や服装を話して、その後、犯人が緊急逮捕されたと言うのまで聞いて、やっと研究所へ向かった時には2時間過ぎていた。

で、時計の針を2時間戻した。


僕の勤めるのは「タイムマシン研究所」だ。
遅刻をすることなく着いた。
ここではタイムマシンはまだ研究の初期段階だと言う事になっている。
僕がもう完成させているのは内緒である。
だってこの研究所で完成させたとなると特許は研究所の物になってしまうからどうしようかと考えているところだ。

こうやって日に何度も時間を巻き戻していると一日24時間が僕にとっては40時間近くになってしまったりする。
8時間の睡眠では足りないわけだ。




おわり




これはつい最近書いたツイッター小説を元にしています。
なんだか最近の僕には珍しい、いかにもショートショート!と言うアイデアが出来たので、たまにはいいかと思って長くしました。

ランキング参加してます。
クリックであなたに幸運が(笑)
    ↓
にほんブログ村 小説ブログ 掌編小説へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

[PR]
Commented by haru123fu at 2013-11-17 09:05
面白い!ふぅ~ん、凄い発想だと思いながら感心しきりです。
タイムマシンのお話はみなさん書かれていますが、こんな小刻みに。(笑)
うん。うん。そりゃたしかに寝不足にもなりますね。

昨日は、海野さんのクリスマス作品を仕上げようと、もがいていました。
どうしても、海に降る雪の動画を作りたくて。。。?????
頭をフル回転して疲れて眠ってしまいました。
あ、だから朗読が手抜きになるんだ!困ったものです。
一段落(私が)したら、この作品も朗読させてくださいね。お願いします。
Commented by marinegumi at 2013-11-17 19:37
haruさんおはようございます。
このお話のアイデアの新しい所は時間を小刻みに戻すと言うところではなく、「もう完成してるのは内緒」という、おとぼけな部分です。
自分ではそう思っています。

クリスマス作品。
他の方のも、どんどんできているようで、楽しみです。
あまり無理せずにマイペースでね。

この作品もよろしく。
Commented by 春待ち りこ at 2013-11-18 17:10 x
これは、面白いですね!!!
>で、時計の針を〇〇戻した。
繰り返されるこの表現が、何とも印象的で効果的
文章全体にリズムが出来ていて
楽しく読むことが出来ました。
さすがです。。。
私も欲しいなぁ。。。時計型のタイムマシン♪
一般発売はいつ頃でしょうか。。。
私が生きてるうちには、無理か。( *´pq`)クスッ
Commented by りんさん at 2013-11-18 23:22 x
なるほど!
なぜ時間を戻すのだろうと不思議に思いながら読みました。
そういうことでしたか。
タイトルの意味も最後の最後でわかって納得。
だから寝不足なんだ~って^^
読みやすくて面白かったです。
Commented by marinegumi at 2013-11-20 13:31
りこさんこんにちは。
>で、時計の針を〇〇戻した。
の部分は最初は「で、」がなくて、さらっと書いてたんですが、書いて行くうちに繰り返しにすると面白いかなと言う事で、更に一行空けて強調してみました。

みんながこんなの持っちゃうと世界がぐちゃぐちゃになってしまいますね。
発明した人の特権みたいな感じですか。
こんな装置があれば恐らく世界征服も出来るでしょうね。
Commented by marinegumi at 2013-11-20 13:34
りんさんこんばんは。
ありがとうございます。
昔はよくこんな感じのいかにもショートショートらしいものを書いていたんですが、最近は自分の好み、自分が読みたい物を書いている感じですね。

最後の一行がお話の最初に帰って来ると言うのはショートショートのテクニックの一つですね。
by marinegumi | 2013-11-16 22:39 | 掌編小説(新作) | Comments(6)