ボクはまだ歌い続けてもいいのかな

a0152009_1817446.jpg

ボクはどうして
こんな小さな星に
ひとりぼっちで生まれて来たんだろ
ボクはどうして
こんな小さな町で
ひとりぼっちで暮らしているんだろ

ボクが生まれてから
とても長い時間がたったような気もするし
ほんのこないだだったような気もするし
ボクはもうおじいさんなのかもしれないね
ボクはまだ赤ちゃんなのかもしれないね

ボクはどうして
こんな小さな声で
聞く人もない歌をうたっているんだろ
ボクはどうして
こんな小さな指で
聞く人もないギターを鳴らしているんだろ

ボクのささやかなこの歌は
いつか誰かの心までとどくような気もするし
誰にも意味さえわからないような気もするし
ボクはまだ歌い続けてもいいのかな
ボクはもう歌わなくてもいいのかな

ボクはまだ歌い続けてもいいのかな
ボクはもう歌わなくてもいいのかな






久しぶりに詩を書きました。
「詩」と言うよりも「詞」かもしれません。

ランキング参加してます。
クリックであなたに幸運が(笑)
    ↓
にほんブログ村 小説ブログ 掌編小説へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]
Commented by haru123fu at 2015-02-07 21:13
こんな詩をみせられたら、ギターが弾きたくなりますね。
Commented by marinegumi at 2015-02-08 22:36
はるさんこんばんは。
この詩は「こえ部」にも投稿しました。
今のところ二人の方が朗読してくださってますが、本当は作曲して歌ってもらうのが理想なんですよね。
by marinegumi | 2015-02-07 18:18 | | Comments(2)