目覚めたオオカミ (2枚)

a0152009_1625566.jpg

お腹がいっぱいになって野原で気持ちよく眠っているところをお母さんヤギに襲われた。
目が血走ったお母さんヤギはいきなりハサミを取り出して、私のお腹を切り裂いてしまったのだ。
お腹からはさっき食べたばかりの大量のスパゲッティーナポリタンが出て来た。
小山になってほんわか湯気が立ち昇っている。
それを見ると山羊のお母さんはどっと汗をかいた。
「すみません!てっきり子ヤギたちが食べられてしまったのかと思って」
おどおどしている。
「すみません、すみません。わたしったら大変なことを……」
お母さんヤギはスパゲッティーナポリタンを私のお腹に詰め込むと針と糸できれいに縫ってくれた。

その日、お母さんヤギがお使いから家に帰った時、子ヤギたちはかくれんぼをしていたらしい。
鬼の役だったはずの一番下の子ヤギが時計の中で眠ってしまい、みんなは隠れていたので誰もいないように勘違いしたのだという。

あくる日、そのヤギの一家に食事に招待された。
一度は断ったのだけれど、お詫びのしるしにどうしてもと言う。
七匹の子ヤギたちと一緒に食卓を囲んだ。
出て来たのはミルクとワラと野菜ばかり。
まずかった。
そして量もとても少なかった。
だんだんと子ヤギたちがおいしそうなラムステーキに見えてきて困ってしまった。

私が、お母さんヤギの留守の間に彼ら子ヤギを襲うと言う計画を練り始めたのはそんなことがあってからだった。




おわり




ランキング参加してます。
クリックであなたに幸運が(笑)
    ↓
にほんブログ村 小説ブログ 掌編小説へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]
Commented by haru123fu at 2015-04-20 20:05
あらら?!そんな裏事情があったとは。(@_@)ビックリ!
「行方不明」を朗読させてもらっても良いですか?
お願いします。(._.)ペコリ
Commented by marinegumi at 2015-04-20 23:05
はるさんこんばんは。
そうなんですよ。
初めはただオオカミが間違われるだけだったのですが、このことが原因で子ヤギたちを襲うことになると言うのは書きながら思いつきました。

朗読よろしくお願いします。
「行方不明」?
そんなの書いたっけ?と思いましたが(笑)書いてましたね。
Commented by haru123fu at 2015-04-20 23:56
追伸
「有機外付けHDD」の読み方は「ユウキソトズケハード」でよろしいでしょうか?よろしくお願いします。
Commented by marinegumi at 2015-04-21 10:47
「ユウキソトヅケ エイチ・ディー・ディー」
もしくは
「ユウキソトヅケ ハードディスク」
ですね。
後者の方がいいでしょうか?
Commented by りんさん at 2015-04-23 17:12 x
物語の続きじゃなくて前のお話なんですね。
物事にはすべてきっかけがありますからね。
そういうことか~。
そりゃあ、こんなおいしそうな子羊見せられたら、食べたくなりますよね。オオカミだもん。
Commented by marinegumi at 2015-04-26 16:11
りんさんこんにちは。
そういうことですね。
この場合は書いてるうちに「前のお話」にすればいいかなと言う感じになったのですが、初めから色んな名作の「前のお話」を考えるのも面白いかもしれませんね。
「オズの魔法使い」も「オズの始まりの戦い」と言う映画が出来てますね。
by marinegumi | 2015-04-19 16:28 | 掌編小説(新作) | Comments(6)