忘れた夢 (4枚)

a0152009_023274.jpg

目が覚めたその時、大事な人を失ったことに気が付いた。
夢の中で出会い、夢の中で親しくなった人。
そして二人はきっと愛し合った。
でも覚えていない。
その人の顔も、その人の声も、その人の笑顔も。
みんなみんな、夢から覚めたとたんに忘れてしまった。
夢の中で二人はどんな話をしたのだろう。
夢の中で二人はどんな暮らしをしていたのだろう。
夢の中で二人はきっと愛し合って暮らしていたはずなのだ。
そうでなければ今、どうしてこんなに悲しいのだろう。
そうでなければ今、こんなに空しい気持ちであるはずがない。
夢の中で二人はどんな約束を交わしたのだろう。
夢の中で二人はどんな部屋に暮らしていたのだろう。
夢の中で二人はどんな夢を語り合ったのだろう。
何一つ思い出せない。
いくら夢だと言っても、こんなにも空しく消え去っていいものなのか。
いくら夢だとしても二人が交わした愛は本当だったはずなのに。
それは判る。
それは信じている。
現実で人を愛し、結ばれ、やがて年老いて、大事な人を亡くしたとしても、思い出だけは残るはず。
それがいくら夢だったとはいえ全く記憶にないのだ。
何一つ思い出せないのにただ愛した人がいた感覚?予感?雰囲気?
そんなものだけが残っている。
そして耐えられないのは愛した人を失ったという喪失感だった。
もう、自分はもぬけの殻だと思った。
これほど残酷なことはないと思った。
その人の顔も、その人の声も、その人の笑顔も、みんなみんな、夢から覚めたとたんに忘れてしまった。
そして、そして、その人が男だったのか、女だったのかさえ思い出せない。
それさえも思い出せないなんて!

そして、自分が女なのか、男なのかさえ。

ベッドから降りて、少し歩いて鏡の前へ行く。
自分が男なのか女なのかを確かめるために。
鏡に映るのが男なら夢の中の人はきっと女の人だろう。
鏡に映るのが女なら夢の中の人はきっと男の人のはずだ。
自分が普通に、平凡に恋をしたのなら、きっとそのはずだ。
それが判るだけでもきっとうれしいと思う。
何も思い出せない自分にとってそれが判るだけでもいいと思う。
それを手がかりに少しずつでも思い出して行ければいいと。
鏡の前に立つ。
そして顔を上げる。



おわり



公募ガイドの「TO-BE小説工房」テーマ『夢のまた夢』のために考えたお話です。
でも、あまり面白くないなと思ってこれはやめて(笑)別のお話をさっき投稿しました。
さてさて、結果はどうあれ、投稿する気力が戻ってきたことがめっけもん。

この作品をはるさんが朗読してくださいました。
いつもありがとうございます。

はるさんのホームページで見るにはこちら忘れた夢


ランキング参加してます。
クリックであなたに幸運が(笑)
    ↓
にほんブログ村 小説ブログ 掌編小説へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]
Commented by haru123fu at 2015-07-02 22:05
海野さんが書く気になってくれてうれしいな!
私も中々ブログ更新できなくなっていました。
この作品難しそうですが、朗読のお願いをしてもいいですか?
「記憶の窓」がいまだに再生されています。ありがたいことです。
Commented by marinegumi at 2015-07-02 22:58
はるさんこんばんは。
せっかく書く気になって来たのに、気が付けばまたハードな夏がすぐそこですね。
夏は書く気力以前に、疲れのために作品数がガクンと減るのが定番です。
まあ、短いものをぼちぼち書きましょうか。

朗読よろしくお願いします。
by marinegumi | 2015-07-01 00:27 | 掌編小説(新作) | Comments(2)