雨の日の水族館 (3枚)

a0152009_22111748.jpg

雨の日だった。
一人遊びにも飽きて窓から外を見ていた。
庭の木々やいろんな花、低いレンガの塀まで、みんな雨に煙っている。
その雨の中を青いものが近づいてくるのが見えた。
ぼんやりした青いものはだんだん傘の形になって、その下に男の子の顔が見えた。
男の子は傘をたたみ、わたしの部屋の窓に顔を近づけるとにっこりとほほ笑んでガラスをコンコンとたたいた。
そして大きな口をぱくぱく動かす。
なにかを言おうとしているんだ。
でも雨の音でちっとも聞こえやしない。

その口の動きを見ながら考えた。
「す・い・か…」だって?
「スイカがどうしたの?」
と、わたしも大きく口を開いた。
声は出さずに言葉の形に口を動かしたんだ。
男の子は困った顔をした。
そして青い傘を開くと、手を振って庭の向こうに消えて行った。

  ○
  ○
   ○  
○  ○  
   ○    
    ○    
  ○
    ○

目を開くといつもの所にわたしはいた。
なにか夢でも見ていたような気分がした。
どこか、ここじゃない遠い場所から急に引き戻されたような気分だ。
コポコポ、ボコボコと水の音が聞こえている。

雨の日の水族館には人が多い。
雨にぬれずに楽しめる場所だからだ。
そんなたくさんの顔の中に見覚えのある男の子を見つけた。
ああ、この子はいつも決まって雨の日にここへ来るあの男の子だ。
男の子は水槽のアクリルガラスに顔を押しつけるようにしてわたしを見ている。
男の子は大きな口を開けてゆっくりと動かしている。
何かの言葉の形に。

どこかで同じ男の子と会ったような記憶が頭をかすめる。
似た様な思い出がよみがえりそうな気がした。
でも思い出せない。
みんなぼんやりしている。
空から落ちてくる激しい雨に遮られているような感じだ。
その記憶はひょっとしてわたしがおさかなになる前のことかもしれない。
そして今わかった。
「す・き・だ・よ・き・み・が」
男の子の口の動きは確かにそう言っていた。



おわり



この作品はツイッターで、#窓枠水槽 のタグを付けて書いたツイッター小説を長くしたものです。
#窓枠水槽 関連の作品はたくさんあります。
まずこの下の作品「夢見る窓枠」がそうですね。
あと「水族館」「雨の中のさかな」などがあります。

この作品には「雨の中のさかな」と同じような場面があります。
ガラスをコンコンと叩く所と、声が聞こえず、口の動きで言葉を伝えようとする場面。
まあ、作者が気に入った場面なんでしょうね(笑)

#窓枠水槽 タグのツイッター小説自体は結構な数を書いていますから、まだまだ長く出来るものがありそうです。

ランキング参加してます。
クリックであなたに幸運が(笑)
    ↓
にほんブログ村 小説ブログ 掌編小説へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]
by marinegumi | 2015-09-17 22:17 | 掌編小説(新作) | Comments(0)