「ほっ」と。キャンペーン

屋根裏部屋 (2枚)

空見の日(おくればせwww)
a0152009_14223952.jpg

3月21日はもぐらさんの提唱する「空見の日」でした。

年に一度、空を眺める日です。
みんなで空の写真を撮って、ブログにアップします。
空って、世界中につながっていますから。
                 りんさんの受け売り(笑)

もぐらさん 「2016年空見の日
りんさん 「桃色ノ空
はるさん 「空見の日
3月17日に書いたこの掌編小説が偶然空に関する物だったので、急きょ乗っかっています。
上の写真は今日、3月25日のわが町の空です。
青空も大きい代わりに雲も大きなものがたくさん浮かんでいます。
写真は爽やかな感じですが、実際は青空と雲がせめぎ合っているようなダイナミックな空です。




屋根裏部屋

a0152009_17532959.jpg

ぼくの部屋は屋根裏部屋だ。
ベッドの真上に天窓が見える。
ぼくはその天窓のガラスを通して青空を見た記憶がなかった。
そう、昼間はただ白っぽかったり灰色だったりするだけで夜には真っ暗になる。
いつも色彩のない空を見ているだけだ。
そしていつからかずっと雨が降り続いている。
天窓のガラスの上を毎日雨が流れていくのを見ている。
ガラスが分厚いからだろうか、雨の音はかすかにしか聞こえない。
時には弱く、時には激しく雨が降り、降り続ける。
そんなモノクロの窓に一度だけ美しい色彩を見た。
赤く紅葉したカエデの葉っぱがくっついたのだ。
ベッドに寝転がって雨の流れるのを見ていたぼくは、はっとした。
まるで温かい炎ででもあるかのようなオレンジ色の葉だった。
それを見てぼくはその温かさを自分の中に一瞬感じた。
そう、そのカエデの葉はすぐに雨に流されて見えなくなってしまったのだ。
それでぼくは気がついた。
部屋は決して寒くはなかったけれど、心が冷え切ってしまっていたんだと。

雨はそれからもずっと降り続いていた。
あの時から天窓には一度も鮮やかな色を見ることはなかった。

ある日ぼくはガラスの上を雨が流れていないことに気がついた。
天窓の外は何やら薄青く、明るくなったり暗くなったりをくりかえしているのだ。
そしてそこを小さな影が横切った。
鮮やかな青い小さないくつもの影が。
魚だった。
小さな魚の群れだった。
そうなんだ。
雨はそんなにも長い間降り続き、今も降り続いているのだ。



おわり



ランキング参加してます。
クリックであなたに幸運が(笑)
    ↓
にほんブログ村 小説ブログ 掌編小説へ
にほんブログ村
[PR]
Commented by haru123fu at 2016-03-25 20:13
私も一日遅れの空見でした。(笑)
朗読のお願いです。
どうぞよろしくお願いします。
Commented by marinegumi at 2016-03-25 23:52
はるさんこんばんは。
ぼくも空見の日だと気が付いたのは一日遅れでしたが、たまたま仕事が暇だったのが今日でした。

朗読よろしくお願いします。
by marinegumi | 2016-03-19 17:54 | 掌編小説(新作) | Comments(2)