「ほっ」と。キャンペーン

さくら咲き、さくら散る (8枚)

a0152009_0505588.jpg


a0152009_16525.jpg


咲き始めたばかりの桜並木の下を歩いている。
しとしと春雨の降る通学路。
ビニール傘を通して、過ぎて行く桜の花が見える。
僕は思い出す。
去年ここを由香と並んで歩いたあの日は、桜の花が盛んに散っていた。
僕の傘は透明のビニール傘で、由香の傘は普通の青い傘だった。
「わ。きれい!」
由香がそう言ったので傘を見上げると一面に桜の花びらが積もっていた。
由香は自分の傘をたたみ、僕の持っている傘の中に入って来た。
「きれいだわ。きれいよね」
そう言いながら僕に見たことのない笑顔を見せた。
傘の中の温度が急に上がったような気がした。

僕は立ち止った。
咲き始めたばかりの桜がビニール傘を通して見える。
じっとしていると傘の上に花びらが積もっているみたいだ。
しばらくそうやって見上げていた。
「まだあの子の事考えてるの?」
覚えのある声が後ろから聞こえた。
幼なじみの佳織だった。
「何言ってんだよ。おまえ」
自分でも顔が赤くなって行くのが分かった。
「好きな人が転校しちゃって。残念だったわね」
意地悪そうなその言葉と裏腹に、佳織の笑顔は優しかった。


a0152009_183580.jpg



夜の公園。
満開の桜の下を歩いている。
一人で買い物に出かけての帰り道。
駅から我が家へはこの公園を通り抜けるのが一番早い。
今日は日曜日で、暖かくて天気もいい。
ぼんぼりには灯がともり、見事な桜を浮かび上がらせている。
一面の桜の木の下の芝生の上には場所取りのブルーシートがいくつもいくつも敷かれていて、その上には座布団が並び、たくさんのお酒のビンやごちそうの詰まった弁当が並んでいる。
違うブルーシートの上にはバーベキューの用意がされ、またある場所では鉄板の上で焼き上がったばかりの焼きそばが湯気を上げていた。
電源の入ったカラオケ装置とマイクもあった。
でもそこにいるはずの花見客が一人もいない。
公園には人っ子一人姿が見えない。
静まり返っている。
カラオケのアンプのノイズがかすかに聞こえるばかりだ。
私は足早に通り過ぎようとする。
だんだん足が速くなる。
次第に恐怖を感じ出していた。
どうして誰もいないんだろう?
こんな花見日和の日曜日の公園なのに。
今、後ろから誰かに声をかけられたらきっと悲鳴を上げてしまうだろう。


a0152009_1833070.jpg



桜の散るカフェの外テラスで、飲み物を前にして僕たちは向き合っていた。
初めてのデートだった。
喋るのが苦手な僕は、用意してきた話題が底をついてしまっていた。
「桜がきれいだね」
「そうだね」
ああ、もうそんな事を何度言っただろう。
さっきから気まずい沈黙が二人を隔てている。
こんなんじゃだめだ。
きっと君は退屈してるんだろう。
さっきから僕は、僕のコーヒーカップに桜の花びらが落ちてくれればいいのにと願っていた。
それをきっかけに、君が笑ってくれれば、また話が出来るかも知れない。
でも意地の悪い事に、何百と舞い落ちる花びらは僕のカップを避けている。
そんな時、君が沈黙を破った。
「あのね。わたし。無口な人が好きだよ」
もやもやがサイダーの泡のようにシュワ~っと消えた。
君の笑顔に涙が出そうだった。

その時、僕のコーヒーカップに桜の花びらが落ちた。


a0152009_184474.jpg



死ぬのなら、桜の木の下がよかったと思う。
それもたくさんの花びらが盛んに散っている大きな桜の下だ。
殆ど風はないけれど、すでに散る時期が来てしまった桜の木。
無数の花びらが枝を離れ。
無数の花びらが降り注ぎ。
無数の花びらが私の死体を美しく覆い隠してくれるだろう。
血だらけの見るに堪えない無残な私の身体をそっと包んでくれるだろう。
こんもりと盛り上がった桜の花びらの下に死体が埋まっているとは誰も思いもしないだろう。

それが、何という事だ。
本当の私はと言うと道路の真ん中に横たわっているのだ。
そして、もう何台もの車に繰り返し繰り返し轢かれ、すでに人間の姿をしていない。


a0152009_1844093.jpg



長い年月、手入れもされず放置され、雑草に覆われた公園の跡。
金網のフェンスもすでに錆びて雑草の間に傾いている。
ブランコの支柱もまた赤く錆び、ちぎれた鎖の下の木の台座はもうなかった。
立ち入り禁止のために張られていたロープも切れて地面に長く伸びている。
私はその中へ足を踏み入れた。
公園跡のほぼ中央に、枯れて久しい桜の木がある。
いまはちょうど桜の満開の季節だ。
なのにその木は、いつかの台風で太い幹が折れ、背が低くなってしまっていた。
折れ残った幹には大きなうろが出来、そこに雑草が生えているのが却って無残だった。
私は、子どもの頃にはこの公園に毎年家族と花見に来たのを思い出していた。
青空を覆い隠してしまうほどの桜の花。
母と父の笑顔。
歓声を上げる兄弟たち。
粗末だったけれどとびきりおいしかった弁当の味。
それを思うと、今の自分が信じられなかった。
家族はすでになく、私は独り取り残されてしまっていた。

その木の下に座ってみた。
伸びた雑草に体が埋もれてしまいそうだった。
そっと目を閉じた。
するとその時、不意に目の前に女の子が現れ、無言でピンクの飴をくれた。
戸惑いながらも、包み紙を取り、口に入れた。
すると、一瞬にしてあたりは満開の桜だ。
そして懐かしい家族の顔もそこにあった。
あの女の子は誰だろう。
そう、それはあの日、一緒にお花見をした近所の家の子供だった。
名前は……思い出せなかった。
あの時もこのピンクの飴をくれたんだ。
私だけに。
ふと、私は自分が目をまだ閉じているのに気が付いた。
ずっと目を閉じたままだったのだ。
そっと開いてみる。
いつの間にかの夕焼け空の下に、雑草の公園跡がただ広がっていた。



おわり



ちょっと季節はずれかな?
まあ、まだまだ桜はこれからだよと言う地方もあるでしょうね。
最近書いた、桜の花をテーマにしたツイノべが七つほどあったので、そのうち五つを書きのばしてみました。

写真はフリー写真の『ぱくたそ』さんです。


ランキング参加してます。
クリックであなたに幸運が(笑)
    ↓
にほんブログ村 小説ブログ 掌編小説へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]
Commented by haru123fu at 2016-04-18 19:34
桜は、青森まで到着して、津軽海峡を今渡っているようです。
北海道で桜を見る頃は、すでにTVで、あちらこちらの桜を見せてもらって
なんだかいつでもいいや!なんて気になります。(笑)
Commented by marinegumi at 2016-04-19 09:44

はるさんこんばんは。
ああなんか、連絡船に満開の桜が積まれて運ばれている場面を想像してしまいました(笑)
まだまだ桜はシーズンオフではないようですね。
by marinegumi | 2016-04-18 00:57 | 掌編小説(新作) | Comments(2)