まりん組・図書係 marinegumi.exblog.jp

海野久実が掌編小説やら短編小説を書いています。タイトルの後に原稿用紙換算の(枚数)があるのが小説です。


by marinegumi
プロフィールを見る
画像一覧

ロボット人生相談 (2枚)

a0152009_18415021.jpg

「ロボット人生相談の館」というのが駅前に出来た。
看板にはいろんなロボットの絵が描いてある。
メガネにヒゲの学者風ロボット。
でっぷり太った女将さんタイプ。
スマートで金縁眼鏡のイケメンロボット。
などなど。
中に入ると何十も部屋があり、自分の好みの部屋を選んで入り、机を挟んでロボットと対面して座る。
すでに温かい飲み物が用意されている。
その飲み物は入る前にリクエストしたものだ。
飲み物を一口飲んだタイミングでロボットはしゃべり出す。
「今日ハドンナゴ相談デスカ?」
日頃の不満や不安を洗いざらいロボットにぶちまける。
ロボットは話をうなづきながら聞いてくれる。
首が上下する時の軽快なモーター音が心地良い。
時々短い言葉をはさみながら、ロボットはほぼ聞き役だ。
でも最後には的確な答えをくれる。
「自分ノヤリタイ事ヲヤッテミナサイ。ソレガ一番デス」
その答えはあらかじめ用意されたものだ。
飲み物のリクエストと一緒に自分が欲しい回答をタッチパネルで選ぶことが出来る。
例えば。
「モウ一度ソノ人ト話シ合ッテミルコトデスネ」
「コレカラノ相手ノ出方ヲ見守リマショウ」
「アナタノ方カラチャント謝ッタホウガ良イデスネ」
などなど。
答えが最初から決まっているはずなのに、このロボット人生相談は結構流行っている。
まあ、人というのは多くの場合、相談する相手が人であれロボットであれ、こう答えてほしいと言うのがすでに決まっているものなのかも知れない。



おわり



イラストは、「GATAG フリーイラスト素材集」さんでお借りしました。

ランキング参加してます。
クリックであなたに幸運が(笑)
    ↓
にほんブログ村 小説ブログ 掌編小説へ
にほんブログ村
[PR]
by marinegumi | 2016-12-22 18:45 | 掌編小説(新作) | Comments(0)