「ほっ」と。キャンペーン

傑作小説 (2枚)

a0152009_1931257.jpg

この物語は面白いと思った。
自分の作品ながらこれまで俺が読んだ、プロのどんな小説よりも面白いと言うことに自信があった。
たぶんどんな出版社へ持っていっても必ず採用されると思う。
いや、絶対に採用される。
されない訳がない。
そして出版されると、超ベストセラーを記録するのは間違いないはずだ。

この作品を編集部にどうやって届ければいいんだろう。
郵送か?
いやいや、時々郵便事故があるじゃないか。
宅配便だってそうだ。
あんなにものすごい数の荷物を仕分けている段階でいくらかは行方不明になったとしても不思議ではない。
そうだ、この間なんか郵便配達のバイクが止まっているのを見た。
郵便物をある店に配達員が持って入っている間、カバンの中の郵便物は無防備なのだ。
おれがすっと抜いても気が付かないだろうと思った。
それじゃあパソコンからメールで送るか?
しかし俺はそういうものも信用していない。
原稿はパソコンで書くが、も一つパソコン自体に詳しくないのだ。
まあ、メールに添付して送るぐらいはちゃんと手順は分かる。
送ったことがないわけじゃない。
送ったという実感がないので、本当に相手に届いているかどうかが心配なのだ。
できればメールなんかを使いたくない。
それじゃあ直接編集部に持って行くか。
ここからなら候補の出版社へは電車で30分、地下鉄に乗り換えて20分と言うところだろう。
まてよ。
最近、電車の事故がよくあるのを思い出してしまった。
そんなに重大な事故は起こっていないものの俺が乗っている時に限って起きないとも限らない。
仮に事故が起きなくても電車を降りて駅の階段で足を滑らせて頭を打って、なんてこともあるかもしれないし、出版社へ行くまでに交通事故というのもある。
いやいやそれなら駅に行くまでに家を出た途端に車に撥ねられる事もないこともない。
そんなことを言ったら、寝ている間にこのアパートが火事になって原稿もろとも焼けてしまうなんてことにもなりかねないし、ああもう、どうすればいいんだ。
 
心配で心配で書き始めることも出来ない。
 
 
 
 
おわり
 
 
 
ランキング参加してます。
クリックであなたに幸運が(笑)
    ↓
にほんブログ村 小説ブログ 掌編小説へ
にほんブログ村
[PR]
Commented by りんさん at 2017-01-24 18:12 x
書き始めてなかったの~(笑)

確かに郵便ってちょっと不安になることありますよね。
まあ、届かなかったら、それも運ということでしょうか。

もう退院なさったんですか。
Commented by marinegumi at 2017-01-24 23:41
りんさんいらっしゃいませ。
そうですね、突っ込みどころはそこだけです。
まだ書いてへんのか~い!
大事なものを郵送するときはやはりちょっと心配になりますよね。

無事退院できました。
でもまだ時々肩が痛みます。
まともに仕事はできませんね。
Commented by 雫石鉄也 at 2017-01-31 13:33 x
面白かったです。
いいわけ小説ですね。
それも、できる前いいわけ。
こういうネタで1本ショートショートを仕上げるとはさすがであす。
退院おめでとうございます。
わたしも、無事、手術も終わり退院しました。
Commented by marinegumi at 2017-02-02 17:20
雫石さんいらっしゃいませ。
おもしろかったですか?
よかった。
これは例のSSスタジアム用に書いてみて、自信がなくてこちらでアップしたものです。

退院後も、まだ正式に仕事復帰は出来ていませんね。
リハビリに通う毎日(と言うか、週三)
退院おめでとうございます。
by marinegumi | 2017-01-17 19:05 | 掌編小説(新作) | Comments(4)