カテゴリ:掌編小説(新作)( 238 )

夏の時計 (11枚)

a0152009_1264071.jpg

  かいすいよくも、キャンプも、花火もみんなあきてしまった。
  夕立やカミナリの音、どこまでも青い空、大きなにゅうどう雲、セミの声。
  そんな夏らしいものはもうたくさんだった。
  たいくつしのぎに始めたしゅくだいも、もうすっかりおわってしまった。
  なんどもなんども見なおしたので答えはカンペキだ。
  絵日記はちゃんときれいにかきなおした。
  夏の思い出であふれかえっている。

  夏休みはもういい。
  新学期よ、どうかはじまってくれ。


長い長い特別な夏休みが始まるその日、いつものように準(じゅん)の心はときめいていた。
これでもう永遠に学校なんかに来なくてもいいような気がした。
そう、一か月以上の休みなんて小学校4年生の少年にとって、ほぼ永遠に等しいのかもしれない。
準は学校の校門を出て後ろを振り向くこともなく下り坂を走って駆け抜けた。
坂の下の広い道に出る時には足に急ブレーキをかけた。
早足で歩く帰り道の通りの両側にはいくつかの商店が点在している。
電気店や、駄菓子屋、文房具店など、みんなおなじみの店だ。
淳の足が止まったのは小さな時計店の前だった。
毎日通っていた道のはずなのに初めて見る店だったけれど、新しく出来たにしてはとても古びた店構えをしている。
木で作られたガラスのはめ込まれた引き戸の向こうは暗かった。
その時計店の小さなショーウインドウの中に見なれない置時計があった。
むっくりと丸いその時計の色は緑がかった青色をしている。
微妙な楕円形の文字盤。
はめ込まれた文字盤のガラスも青みがかっていた。
緑色のデザインされた針は夏の若葉を思わせた。
秒針は滑らかに動き、夏の爽やかな風を思い起こさせた。
「夏の時計だ!」
準は何故かそう思った。
その時計をどうしても手に入れたいと思った。
家に帰ると急いで二階の自分の部屋に駆け上がり、貯金箱を抱えて再び家を飛び出した。
「準くんお帰りなさい」
母親がそう声をかけた時にはもう姿は見えなかった。
人気のない路地の奥で貯金箱を壊し、お金を取り出すと陶器のそれを近くにあったゴミ集積場所に置いた。

時計店の主人は分厚いレンズのメガネをかけたエプロン姿の老人だった。
恐る恐る準が店に入って行くと店の隅で机の前に座って何やら作業をしていたらしい老店主は顔を上げ、メガネをずり下げ、裸眼で彼を見た。
「いらっしゃい、ぼうや」
そう声をかけると老人は準が口を開くのを待った。
「あの。時計が欲しいんです。あの緑色の……」
「ああ、夏の時計だね」
本当に「夏の時計」と言う名前がついているのかと準は思った。
偶然にその時計の値段は、準の貯金箱の中身と同じ金額だった。
店主は奥の棚から緑色の箱を取り出して来て、ショーウインドウのその時計を入れてくれた。
箱にはアルファベットと数字の後に(夏)と文字があった。

準は自分の部屋の机の上にその時計を置いた。
丸っこいその時計を手で触ると不思議な感触がした。
粗悪なプラスチックではなく、しっとりと手になじむ気がした。
音もなく滑らかに動く秒針。
まるで生き物のように息づいている感じがある。
夏の若葉のみずみずしさ。
強い日差しの熱も感じ、手をはなすと爽やかな風を感じた。
この時計は夏の時間を刻んでいる。
それは準が最初にその時計を見た瞬間に思ったことだった。

麦わら帽子の香ばしさ。
夕立の爽快感。
強い日差しを避けた木陰のさわやかさ。
友達の声や笑顔。
セミ取りをする木立の下の期待感。
カブトムシを見つけた時の狂喜乱舞。
浮き輪の中で海の上を漂っている浮遊感。
そんなものを残して、夏の時間は過ぎて行った。
夏の時計は正確に時を刻んでいた。

そしてある日気がつく。
宿題がまだたくさん残っていることに。
絵日記は日を追うごとに簡単な絵になり最後の方はもう適当に思いついたことを描いた。
科学研究は図書館で見た本の、どこかの誰かさんの丸写し。
国語や算数のプリントの半分ぐらいはまだ手つかずだった。
宿題をいやいややっている机の上で、夏の時計は時を刻んでいた。
その時計の色の変化に準はまだ気がついていなかった。
しっとりとした若葉の色だったそれは夏休みの中ごろには鮮やかな深い緑に変わり、間もなく9月を迎える今ではやや黄色味がかっているのだった。

夏休み最後の一日。
窓から見える青空には遠くうろこ雲が浮かんでいた。
半ばやけくそで宿題を消化していた準はとうとう感情を爆発させた。
「もういやだ~!」
と叫ぶなり、机の上にあったものを手で払ったのだ。
部屋の隅まで飛んで行ったノートやプリント。
筆箱の中身はあちこちに散らばっている。
大声を出して少しすっきりしたのか、準はため息をつくと散らばったものを集め始めた。集めて行くうちにあの夏の時計も一緒に払い落としていたのに気がついた。
慌てて床の上から拾い上げたそれを手に取った時、わずかにへこんでいるのを準は見つけた。
そして見ているうちにそのへこみが直るのを不思議に思いながら見ていた。
色は買った時のままの若葉の色に戻っていた。
夏の初めと終わりの変化に気がついてなかった準は当然それにも気がつくはずもなかった。

いやいややる宿題ははかどるはずもなかった。
途中で飽きてしまい、机に突っ伏したり、ベッドに寝転んでマンガ本を読んだりしながらも、また机に向かい、適当に片付けて行った。
何枚かは白紙のままにしたり、いい加減に文字を埋めて行った。
「こんなじゃ、先生におこられちゃうかもな~」
などと呟きながら。

あくる日、準が目覚めるとあたりはやけに静かだった。
準は無表情で、何かに操られているようにベッドから起き上がった。
カーテンを開けると街の家々の向こうに大きな入道雲がわいているのが見えた。
準は出来そこないの宿題を詰め込んだ手提げバッグを持つとふらふらと家を出た。
人気がなく、車も走っていない街を不思議にも思わずに通り抜けて学校にやって来た。
準が学校の校門の前に立った時、彼の後ろで町は元通りの活気を取り戻したが、気がついていなかった。
車の往来が戻り、人々の姿も復活した。
木々のざわめきや小鳥の声も元通りだった。
そして準もその表情を取り戻していた。
校門の門扉はしっかり閉じていて職員室にだけに灯りが点いていた。
先生は来ているようだけれどけれど子供たちの姿はなかった。
準は気がついた。
今はまた夏休みが始まったばかりなんだと。
待ちに待った夏休みの始まりに心をときめかせたたくさんの友達の、そのうきうきした気持ちがまだ校庭のあちこちに残っている。
そんな気配がある夏休み最初の一日だった。

準は坂道を駆け下りるとあの時計店の前にやって来た。
建物はそこにあったけれどガラスのはまった木戸の向こうには白いカーテンが引かれ、ショーウインドウには何もなくホコリが降り積もっているばかりだった。
時計店の看板があったはずの壁にはわずかに白くその跡が残っているばかりだった。

自分の部屋に帰ってくると机の上の時計を手に取った。
両手でそれを包むとわずかな振動を感じた。
そしてなんとなくしんどそうな、かすかなノイズを。
「時計が壊れてしまった」
何故かそうなんだと分かった。
「直してくれる時計屋さんはもういない」

  海水浴も、キャンプも、花火もみんな飽きてしまった。
  夕立やカミナリの音、どこまでも青い空、大きな入道雲、セミの声。
  そんな夏らしい物はもうたくさんだった。
  退屈しのぎに始めた宿題も、もうすっかり終わってしまった。
  何度も何度も見直したので答えは完ぺきだ。
  絵日記はちゃんときれいに描き直した。
  夏の思い出であふれ返っている。

  夏休みはもういい。
  新学期よ、どうか始まってくれ。




おわり




仕事の合間にちょこちょこ書いて、ひとまず出来上がり。

ランキング参加してます。
クリックであなたに幸運が(笑)
    ↓
にほんブログ村 小説ブログ 掌編小説へ
にほんブログ村
[PR]
by marinegumi | 2016-09-19 13:49 | 掌編小説(新作) | Comments(0)

ドーナツ (1枚半)

a0152009_18311290.jpg

僕らの世界なんて、そうだなあ、ドーナツの穴みたいなもんさ。
みんな、ドーナツの穴の中に暮らしてる。
僕らの住んでいるこの空間を宇宙と言うドーナツが取り巻いている。
ところがこのドーナツを食べるやつがいるんだなあ。
食い意地の張ったやつだけどあまりガツガツはしていない。
静かに静かに喰い進むんだよね。
僕らは宇宙がいつの間にか、どんどんかじられて無くなって行ってるのにちっとも気がつかないんだよね。
その中の空間だけが自分たちの世界だからその外の事には関心がないからさ。
僕らの宇宙がそうやって喰い滅ぼされて行ってるとしても、まだ穴は確固として残っているので安心してるんだね。
気がついた時には宇宙はほとんど残っていない。
僕らの世界の外側にごくわずかに、薄っぺらになっちゃった宇宙があるだけさ。
最後の最後にわずかに残ったその宇宙は、気がついた時には一瞬で消えちゃうんだ。
そ。
まるでマジックショーの出し物みたいにね。
ただ重要なのは、宇宙が消えるときに僕らの世界も一緒に消えちゃうと言う事なんだ。



ほらね。
































おわり




連日の更新ですね。
長くなりそうな作品はまだ完成していません。
書きかけの小説ばかり入れているフォルダーを見ていると、完成した作品が。
あれ?
これはまだブログにアップしてなかったかな?
ちょっと調べると、まだみたいだったので上げておきます。

ランキング参加してます。
クリックであなたに幸運が(笑)
    ↓
にほんブログ村 小説ブログ 掌編小説へ
にほんブログ村
[PR]
by marinegumi | 2016-09-13 18:37 | 掌編小説(新作) | Comments(4)

夢の果実 (1枚半)

a0152009_18282963.jpg

あなたが夢を見る時。
その夢のどこかにあなたが見ている夢を果実としてつける夢の成る木があります。
夢に見る街角の思いがけない路地の突き当り。
それとも夢であなたが迷い込んだ森の奥。
それともひょっとして夢の中のあなたの家の庭の真ん中にあるかもしれません。

その夢の成る木はあなたが見つけた時からあなたの見ていた夢の果実をはぐくみます。
その夢の成る木の果実はやがて熟して落ちると、あなたの見た夢をふたたび再現するのです。
その夢は夢の成る木が夢の果実をつけると言う夢です。
その夢の中でまた夢の成る木は夢の果実をつけます。
そしてまたその果実は熟して落ち、夢を再現します。
くりかえし、くりかえし、夢のまた夢またその夢の果実。

そう言う風にこの夢を見はじめると終わりのない夢の連鎖にあなたは陥ります。
そしてもうあなたは目覚めることはないのです。



おわり



しばらく更新していないので、なんか書いてみようと思って、書きかけるとどんどん長くなってしまってまだまだ終わりません。
それじゃあちょこっと短いのを上げとこうかと言うわけで、小説とも散文詩ともつかない物を書いてみました。

ランキング参加してます。
クリックであなたに幸運が(笑)
    ↓
にほんブログ村 小説ブログ 掌編小説へ
にほんブログ村
[PR]
by marinegumi | 2016-09-12 18:32 | 掌編小説(新作) | Comments(0)

a0152009_7522665.jpg

井原線というローカル線の電車はパンタグラフがない。
電気で走っているのではないので電車というのもおかしいんだけれど。
運転席のすぐ後ろで景色を見ていたけれど、頭の上を通る電線もないので空がとても広く感じる。

矢掛駅と言う駅で降りた。
高い建物もないがらんとした駅前。
木で出来た時計塔のそばに留まっていたタクシーに乗って運転手さんに「美星町に行ってください」と言った。

美星町。
ただその名前だけだったんだ。
わたしはその街の名前の響きに誘われてここまで来てしまった。
「美星町のどこへ行くのかね?」
運転手さんにそう聞かれてまだ何も決めていないことに気がついた。
「美星町って星がきれいなんですか?」
「そうだね。『美星天文台』とか『星空公園』とかあるしね」
「じゃあ、そこに行ってください。天文台に」

タクシーから降りるとなんだか心もとなかった。
美星天文台の前の道路にひとりきりで置き去りにされた感じがした。

まだ昼間なので星を見る事は出来ないだろう。
天文台に入ればいろんな展示もあるかもしれないけれど、特に見たいとも思わなかった。
「星なんて望遠鏡で見なくてもいいしね」
そうつぶやいて歩き出した。

今朝、電車に乗った時は日帰りをするつもりだったし、星を見ようという気もなかった。
でもなんとなく気が変ってしまった。
夜になるまでこの町にいて一人で空を見上げて見ようと思った。

夕方に雨が降り出した。
今日は星を見られそうもない。
そう思うと何となくどうしても見てやろうと言う気持ちになる。
折り畳み傘を広げ山間の道路を歩いていると、駅前で乗った同じ会社のタクシーが通りかかった。
手を上げて乗せてもらい、運転手さんに聞いた。
もちろんさっきの人とは違う人だ。
「どこか泊まれるところはないですか?ホテルでも、旅館でもいいです」

案内されたペンションの窓から外を見ている。
今夜もまた雨が降っている。
これでもう何週間過ぎたんだろうか?
まだまだ雨は上がる様子がなかった。
この美星町で、星空を見上げることが出来るまで、帰らないとわたしは決めていた。



おわり




美星天文台ホームページ・美星天文台へようこそ!
a0152009_101365.jpg



ランキング参加してます。
クリックであなたに幸運が(笑)
    ↓
にほんブログ村 小説ブログ 掌編小説へ
にほんブログ村
[PR]
by marinegumi | 2016-06-26 01:03 | 掌編小説(新作) | Comments(2)

水槽 (2枚)

a0152009_17453214.jpg

熱帯魚を買ってきた。
夕焼けの色をしたプラティーを15匹。
プラティーを入れる前に水槽の中に景色を作りたくなった。
魚たちにはビニール袋のまま、エアーポンプで空気を送り、待ってもらうことにした。

色違いの砂を何層かに敷き、丘を作り、水草の樹木を植える。
左奥にはこんもりとした森を作る。
丘には曲がりくねった道を作り、その先にレンガ造りの家を置く。
庭を柵で囲い、郵便ポストを取付け、外灯のポールを立てる。

ふと思いついて、道だけを残してごく短い水草をびっしりと植えた。
砂でグラデーションを描いた地面は見えなくなったけれど、それはそれでいい。
やりだしたらとことん凝らないと気が済まないのがぼくの悪い癖だ。

水槽の中のその景色を確認して、やっと水を張りだしたのは夕暮れ近かった。
注意深く、景色を壊さないように少しづつ水を入れていると窓の外に音が聞こえた。
いつの間にか空は雲に覆われ、夕立が降り出したところだった。
なんだか大雨になりそうな予感がした。



おわり


ランキング参加してます。
クリックであなたに幸運が(笑)
    ↓
にほんブログ村 小説ブログ 掌編小説へ
にほんブログ村
[PR]
by marinegumi | 2016-06-19 17:46 | 掌編小説(新作) | Comments(2)

雨宿りの木 (3枚)

a0152009_1657108.jpg

学校帰り。
青空の下。
僕はビニール傘をステッキの様に持って、左右に揺らしながら歩いていた。
街を外れ、川に架かった橋を渡り、いつもの野原の中の道を歩いて行く。
女の人が怪訝そうな顔で僕を見送っていた。

やがて空に雲がかかり、間もなく雨が降り出した。
ビニール傘を開く。
雨は強くなりビニール傘の上を流れる。
しばらく歩くと小さな池のそばの一本の大きな木が見えてくる。
そしてその木の下には雨宿りをする映子ちゃんがいた。
「こんにちは」
僕が声をかけると映子ちゃんはにっこりとほほ笑む。
いつも胸がきゅんとするすてきな笑顔だ。
僕は今日、学校であった事をあれこれ映子ちゃんに話してあげる。
「へえ?そうなの」
「麻衣ちゃんが?」
「そんなのうそでしょ!」
映子ちゃんはそういう風に相槌を打ちながら楽しそうに聞いてくれる。
話し終わり、ふと沈黙が下りる。

僕はいつも迷っている。
映子ちゃんに告白するかどうかを。
こんなにも好きで好きでたまらない気持ちを打ち明けるかどうかを。
でも、いつも決心がつかないのだ。
映子ちゃんが僕の気持ちを受け入れてくれたら僕はどうなるのだろう?
君とずっと一緒にいられるのだろうか?
映子ちゃんは可愛かった。
まつ毛の一本一本さえ現実的に見えた。
幽霊だなんて信じられなかった。

あいつに振られただけで、雨の日にこの池に身を投げた映子ちゃん。
何でいつまでもここにいるんだい?
僕が会いに来るのを待っているの?
そして僕が告白するのを待っていてくれてるのかい?

木の下に幽霊が出ると言ううわさで、この辺りには誰も寄り付かない。
どんなに良いお天気の日でも年中雨が降っている不思議な場所。
毎日僕が学校に傘を持って来るのは映子ちゃんに会うためだ。

さよならを言って僕は歩き出した。
いつか映子ちゃんに告白する日が来るのだろうか?



おわり



この作品はりんさんのブログ「りんのショートストーリー」の作品「雨が嫌いになった日」のコメント欄に書いた僕のお話のアイデアを元にしてでっち上げた作品です。
こういうコメントをしたことさえ忘れていましたが、今日、ふと思い出してしまいました。
と言うか、長いコメントだったのでワードで下書きをした物が残ってたんですね。
それを見つけて、なんだこれはと思って。
それを元に一つ書いてみようと言う事になったわけです。

りんさんの「雨が嫌いになった日」は2013年6月の作品ですね。
そして、映子ちゃんはこの作品の登場人物と同じ名前です。

ブログ「ゆっくり生きる」のはるさんがこの作品を朗読の動画にしてくださいました。
いつもありがとうございます。


ランキング参加してます。
クリックであなたに幸運が(笑)
    ↓
にほんブログ村 小説ブログ 掌編小説へ
にほんブログ村
[PR]
by marinegumi | 2016-05-29 16:58 | 掌編小説(新作) | Comments(4)

食べ物 (3枚)

a0152009_18443537.jpg

旅の途中だった。
ある村を通り過ぎようとしていた時に、もう食料品がない事に気がついた。
もうそろそろ昼になる頃で、急に空腹を感じた。
そこに何やら小さな食料品店らしい小屋が見えて来る。
店先に立つと一人の黒づくめの服を着た老婆が中に座っているのが見えた。
いくつかある台の上にはかごに盛られた卵ぐらいの大きさの白いものが並んでいる。
多い少ないはあるものの、どのかごもみんな同じものだった。
「これは何ですか?タマゴかな?」
そう声をかけるとそれまで影の様に身動きしなかった老婆はのそりと体を動かした。
「食べ物じゃよ」
「ええ、何という食べ物なんですか?」
老婆はまじまじと私の顔を見た。
そしてよそ者だと気がついて納得したのか、小さくうなづいた。
「食べ物じゃよ。そう。タマゴだと思って食べればそれはタマゴだし、肉だと思って食べればそれは肉なのじゃ」
「ええ?そんな食べ物があるんですか?」
「そうじゃよ。だからこの村の者はみんなこれを買って帰るのさ。畑を耕す必要も、狩に出かける必要もない」
「それじゃあ私もいただきます。これぐらいでいいかな」
私は10個ぐらいが盛られたかごを指さした。
老婆は皿から紙袋にそれを移し替えると私に差し出して言った。
「12ハンスじゃ。一回の食事に1個でいいよ」
食事10回分ならそれほど高くもない。

しばらく歩いて村はずれの川のほとりで私は座って食事をすることにした。
白い丸いものは触ると軟らかくて不思議な感触だった。
しっとりしているようで乾いているようで、潰れそうでいてしっかり弾力がある。
「食べる時はこれが食べたいものだと想像して食べるんじゃよ」
老婆の言葉を思い出していた。
それを口に入れた時、変な想像をしてしまった。
「し、しまった」
またたく間にひどい吐き気とめまいに襲われた。
そして意識が遠のいて行く。
私はそれを毒キノコだと想像してしまったのだ。




おわり




ブログ「ゆっくり生きる」のはるさんがこの作品を朗読の動画にしてくださいました。
いつもありがとうございます。



ランキング参加してます。
クリックであなたに幸運が(笑)
    ↓
にほんブログ村 小説ブログ 掌編小説へ
にほんブログ村
[PR]
by marinegumi | 2016-05-28 18:47 | 掌編小説(新作) | Comments(2)

写真は、フリー写真の「ぱくたそ」さんでお借りしました
a0152009_1838027.jpg

気がつくとぼくは暗い部屋に立っていた。
何となくの雰囲気と匂いで自分の部屋だと分かった。
ひょっとしてぼくは立ったまま眠っていたんだろうか?
でも、眠りから覚めたという感じはしない。
ただ、そう、気がついたとしか言いようがないんだ。

部屋は真っ暗ではない。
どこからともないほのかな光が部屋全体に満ちている感じだった。
ぼくはなんとなく壁に掛けてある大きな鏡の前まで歩いた。
この鏡はぼくのおばあちゃんが残したものだ。
床の上から2メートル近くも高さがある。
ちょうどこの部屋のドアぐらいの大きさだった。
そう、この部屋は前にはおばあちゃんが使っていた。
おばあちゃんが死んでから間もなくぼくの部屋になった。
家具もベッドも、すっかり入れ替えたけれど、この鏡だけはそのまま残っている。
夜中に目が覚めてトイレに行く時なんかは、必ずこの鏡の前を通る。
そしていつも暗い部屋にいる鏡の中のぼくと目が合うのだ。
なんだかその鏡の中のぼくは、ぼくとは違うもう一人のぼくのような気がした。
今にも、ぼくの動作に縛られず勝手に動き出すのではないかと不安混じりの不思議な気持ちになった。
でも、決してそれは怖いと言う感じではなかった。
薄暗い部屋の中にいる鏡の中のぼくが昼間のぼくとは違う存在のような気がしたのだ。

いつもするようにぼくは鏡の前に立ち、横目で鏡の中のぼくを見ようとした。
でもそこには誰も映っていなかったんだ。
ただ薄暗い部屋がぼうと映っているだけだった。
手を伸ばしてみた。
その伸ばした手も鏡に映る事もなく、鏡の表面に触りもしなかった。
勢い余ってぼくの体はするりと鏡の向こうにすり抜けてしまった。
振り返って手を伸ばすと冷たく硬いガラスの感触があった。
閉じ込められた?
一体どうやって鏡は扉を開き、また閉じてしまったんだろう?
鏡の外側の薄暗い僕の部屋が見える。
窓際に置かれたテーブルの上に見なれない物があった。
それは額に入ったぼくの写真らしかった。
その写真の前には、お皿に乗ったぼくの大好物のイチゴのショートケーキが見えた。



おわり



ブログ「ゆっくり生きる」のはるさんが朗読の動画にしてくださいました。


ランキング参加してます。
クリックであなたに幸運が(笑)
    ↓
にほんブログ村 小説ブログ 掌編小説へ
にほんブログ村
[PR]
by marinegumi | 2016-05-15 18:42 | 掌編小説(新作) | Comments(10)

a0152009_0505588.jpg


a0152009_16525.jpg


咲き始めたばかりの桜並木の下を歩いている。
しとしと春雨の降る通学路。
ビニール傘を通して、過ぎて行く桜の花が見える。
僕は思い出す。
去年ここを由香と並んで歩いたあの日は、桜の花が盛んに散っていた。
僕の傘は透明のビニール傘で、由香の傘は普通の青い傘だった。
「わ。きれい!」
由香がそう言ったので傘を見上げると一面に桜の花びらが積もっていた。
由香は自分の傘をたたみ、僕の持っている傘の中に入って来た。
「きれいだわ。きれいよね」
そう言いながら僕に見たことのない笑顔を見せた。
傘の中の温度が急に上がったような気がした。

僕は立ち止った。
咲き始めたばかりの桜がビニール傘を通して見える。
じっとしていると傘の上に花びらが積もっているみたいだ。
しばらくそうやって見上げていた。
「まだあの子の事考えてるの?」
覚えのある声が後ろから聞こえた。
幼なじみの佳織だった。
「何言ってんだよ。おまえ」
自分でも顔が赤くなって行くのが分かった。
「好きな人が転校しちゃって。残念だったわね」
意地悪そうなその言葉と裏腹に、佳織の笑顔は優しかった。


a0152009_183580.jpg



夜の公園。
満開の桜の下を歩いている。
一人で買い物に出かけての帰り道。
駅から我が家へはこの公園を通り抜けるのが一番早い。
今日は日曜日で、暖かくて天気もいい。
ぼんぼりには灯がともり、見事な桜を浮かび上がらせている。
一面の桜の木の下の芝生の上には場所取りのブルーシートがいくつもいくつも敷かれていて、その上には座布団が並び、たくさんのお酒のビンやごちそうの詰まった弁当が並んでいる。
違うブルーシートの上にはバーベキューの用意がされ、またある場所では鉄板の上で焼き上がったばかりの焼きそばが湯気を上げていた。
電源の入ったカラオケ装置とマイクもあった。
でもそこにいるはずの花見客が一人もいない。
公園には人っ子一人姿が見えない。
静まり返っている。
カラオケのアンプのノイズがかすかに聞こえるばかりだ。
私は足早に通り過ぎようとする。
だんだん足が速くなる。
次第に恐怖を感じ出していた。
どうして誰もいないんだろう?
こんな花見日和の日曜日の公園なのに。
今、後ろから誰かに声をかけられたらきっと悲鳴を上げてしまうだろう。


a0152009_1833070.jpg



桜の散るカフェの外テラスで、飲み物を前にして僕たちは向き合っていた。
初めてのデートだった。
喋るのが苦手な僕は、用意してきた話題が底をついてしまっていた。
「桜がきれいだね」
「そうだね」
ああ、もうそんな事を何度言っただろう。
さっきから気まずい沈黙が二人を隔てている。
こんなんじゃだめだ。
きっと君は退屈してるんだろう。
さっきから僕は、僕のコーヒーカップに桜の花びらが落ちてくれればいいのにと願っていた。
それをきっかけに、君が笑ってくれれば、また話が出来るかも知れない。
でも意地の悪い事に、何百と舞い落ちる花びらは僕のカップを避けている。
そんな時、君が沈黙を破った。
「あのね。わたし。無口な人が好きだよ」
もやもやがサイダーの泡のようにシュワ~っと消えた。
君の笑顔に涙が出そうだった。

その時、僕のコーヒーカップに桜の花びらが落ちた。


a0152009_184474.jpg



死ぬのなら、桜の木の下がよかったと思う。
それもたくさんの花びらが盛んに散っている大きな桜の下だ。
殆ど風はないけれど、すでに散る時期が来てしまった桜の木。
無数の花びらが枝を離れ。
無数の花びらが降り注ぎ。
無数の花びらが私の死体を美しく覆い隠してくれるだろう。
血だらけの見るに堪えない無残な私の身体をそっと包んでくれるだろう。
こんもりと盛り上がった桜の花びらの下に死体が埋まっているとは誰も思いもしないだろう。

それが、何という事だ。
本当の私はと言うと道路の真ん中に横たわっているのだ。
そして、もう何台もの車に繰り返し繰り返し轢かれ、すでに人間の姿をしていない。


a0152009_1844093.jpg



長い年月、手入れもされず放置され、雑草に覆われた公園の跡。
金網のフェンスもすでに錆びて雑草の間に傾いている。
ブランコの支柱もまた赤く錆び、ちぎれた鎖の下の木の台座はもうなかった。
立ち入り禁止のために張られていたロープも切れて地面に長く伸びている。
私はその中へ足を踏み入れた。
公園跡のほぼ中央に、枯れて久しい桜の木がある。
いまはちょうど桜の満開の季節だ。
なのにその木は、いつかの台風で太い幹が折れ、背が低くなってしまっていた。
折れ残った幹には大きなうろが出来、そこに雑草が生えているのが却って無残だった。
私は、子どもの頃にはこの公園に毎年家族と花見に来たのを思い出していた。
青空を覆い隠してしまうほどの桜の花。
母と父の笑顔。
歓声を上げる兄弟たち。
粗末だったけれどとびきりおいしかった弁当の味。
それを思うと、今の自分が信じられなかった。
家族はすでになく、私は独り取り残されてしまっていた。

その木の下に座ってみた。
伸びた雑草に体が埋もれてしまいそうだった。
そっと目を閉じた。
するとその時、不意に目の前に女の子が現れ、無言でピンクの飴をくれた。
戸惑いながらも、包み紙を取り、口に入れた。
すると、一瞬にしてあたりは満開の桜だ。
そして懐かしい家族の顔もそこにあった。
あの女の子は誰だろう。
そう、それはあの日、一緒にお花見をした近所の家の子供だった。
名前は……思い出せなかった。
あの時もこのピンクの飴をくれたんだ。
私だけに。
ふと、私は自分が目をまだ閉じているのに気が付いた。
ずっと目を閉じたままだったのだ。
そっと開いてみる。
いつの間にかの夕焼け空の下に、雑草の公園跡がただ広がっていた。



おわり



ちょっと季節はずれかな?
まあ、まだまだ桜はこれからだよと言う地方もあるでしょうね。
最近書いた、桜の花をテーマにしたツイノべが七つほどあったので、そのうち五つを書きのばしてみました。

写真はフリー写真の『ぱくたそ』さんです。


ランキング参加してます。
クリックであなたに幸運が(笑)
    ↓
にほんブログ村 小説ブログ 掌編小説へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]
by marinegumi | 2016-04-18 00:57 | 掌編小説(新作) | Comments(2)

小さな郵便局 (2枚)

a0152009_23541589.jpg

小さな町の郵便局は、かわいい赤いとんがり屋根の建物だ。
それはなぜか町の中心から少し離れた森の入口にある。
自動扉の横には色とりどりの草花に埋もれるようにして三つのポストがあった。
左から青いポスト、赤いポスト、白いポスト。
青いポストにはこう書かれていた。
「淋しい、悲しい気持ちで書いた手紙はこちらへ投函」
赤いポストにはこう書かれていた。
「嬉しい、楽しい気持ちで書いた手紙はこちらに投函」
そして白いポストにはこう書かれていた。
「事務的な御用事の手紙はこちらへ投函」

ある日私は恋をした。
わくわくするような、でも泣きたいような気持だった。
楽しいようでいて、なんだか不安な気持ちだった。
自分でもよく解らないそんな気持ちでラブレターを書いた。
ちいさな郵便局に自転車で向かっている間、この手紙はどのポストに入れたらいいのかと、ずっと迷っていた。
自転車を降りてポストの前。
季節の草花に埋もれるようにしてポストは置かれていて、それは四つあった。
増えているのはピンクのポストだった。
それにはこう書かれていた。
「まだ不安定な恋をしているあなたの手紙はこちらに投函」



おわり




何か小説を書こうかなと思えば、最近のツイッター小説をごそごそ。
物になりそうなのを引っ張り出して気の向くままに肉付けをして出来上がり。

ブログ「ゆっくり生きる」の、はるさんが朗読してくださいました。


ランキング参加してます。
クリックであなたに幸運が(笑)
    ↓
にほんブログ村 小説ブログ 掌編小説へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]
by marinegumi | 2016-04-15 23:57 | 掌編小説(新作) | Comments(4)