百円玉  (5枚)

ある夏の日、その事を突然思い出し、気が付くと電車に揺られていた自分自身に
「おい、まじかよ?」と小さく呟いていた。

5時間もかけて、十数年ぶりにたどり着いたその街の様子は、すっかり変わっていて、どっちへ向かって歩きだせばいいのか、一瞬迷ってしまったぐらいだった。
とりあえず、むかし通っていた大学の正門までたどり着いた。
ここから、自分が住んでいた下宿までの道のりがなかなか思い出せなかった。
いや、思い出せはする。
その記憶と現実が、あまりに違ってしまっているのだ。
大きな古い建物を探し探し歩き出したが、すぐに立往生してしまう。

道のりを、始めからたどり直す事を何度かくりかえして、やっと見つけたその場所。

それは、大学時代の僕の下宿の近くの小さな食料品店だった。
建物も一部新しくなっていたが、ちゃんとまだそこにあった事にホッとしていた。
店の名前も、覚えていた。
店先のテントも、そこに書かれた店の名前の文字も、新しくしゃれた感じになっていた。
左側に並んでいる自動販売機は当時のまま、3台だった。
でも、当然、機械は全部入れ替わっている。

あの夏の日を思い出していた。
君と二人で立ち寄ったこの自動販売機の前。

裏側をそっと覗きこむ。
日差しに慣れた目がだんだん薄暗がりに慣れてくるとそれは見えてきた。
自動販売機の裏側の、食料品店と隣の建物の間に君が落としてしまい、あきらめたあの百円玉がコンクリートの隙間にまだ残っていた。
半分泥にうずまった、変色した百円玉がそこにあった。

その瞬間、君の髪の香りを、ありありと思い出した。

あの時、君が拾おうとして手が届かず、僕に「替ってよ」と言ったね。
入れ替わる時に、君の髪が僕の鼻先をかすめた。
その時の君の髪の香りを、今さっきの事のようにありありと思い出していた。

このためだけに5時間もかけてここまで来る自分を、ばかばかしく思っていたが、その気持はもうなくなっていた。

ふいに肩をたたかれた。
振り返ると君の笑顔があった。
あの時と少しも変わらない君の笑顔が。

そんな場面を想像した。
しばらく歩き出せなかった。
肩をたたかれるのを僕は待っていたのかもしれない。

持っていた1枚の百円玉を、君の百円玉のそばにポンと投げて、2枚の百円玉の位置を確認すると僕は歩きだしていた。





ツイッター小説8本目です。

(原文)
突然思い出した。気が付くと電車に乗っていた。5時間かけてたどり着いたその街の様子は、すっかり変わっていた。なんとか見つけたその場所。大学時代の僕の下宿の近くの自動販売機は機械も全部入れ替わっていたが、君が落としてしまい、あきらめたあの百円玉がまだコンクリートの隙間に残っていたよ。


にほんブログ村 小説ブログ 掌編小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
[PR]
by marinegumi | 2010-09-26 23:55 | 掌編小説(新作) | Comments(0)

僕たちはいつも、その場所で会った。
学校帰りだったり、たまに授業を抜け出したりして、その場所で待ち合わせたんだ。
そして、僕たちが会うときは決まって雨が降っていたような気がする。

麻衣と僕が通っていた高校の裏には、金網フェンスの継ぎ目がわずかに開いている場所があり、少し無理をすると外へ出られた。
出たところは雑木林になっていて、学校の建物から見とがめられることがない。
ほとんど雑草にかくれてしまいそうになっているわずかに残った「道」の痕跡に沿って歩いて行く。
すると、立ち入り禁止と書かれた朽ちかけた看板がある。
そのまま木々の枝をよけながらどんどん歩いて行くと倉庫らしい建物が見えてくる。
レンガ造りの壁にスレートの屋根が乗った、半分崩れた建物。
正面に大きな閉まったままのシャッターがあった。
地面より倉庫の床は1メートルほど高くなっていて、そのシャッターまで、コンクリートでスロープが作られ、大きなトラックがそのまま中に入れるように作られていたのだ。
シャッターは閉まっていたが、倉庫の裏側は大きく崩れていて、中へ入ることができた。

a0152009_13445821.jpg













その倉庫を見つけたのも、ある雨の日だった。
麻衣と二人で傘をさして、なんとなく、立ち入り禁止の看板に、かえって誘われるようにして林の奥へ迷い込んだ。
崩れた倉庫の大きな暗い穴の中へ入ってみると、ガランとしたほとんど何もない空間だった。
でも、ところどころに、この倉庫に置かれていただろう物が少し残されていた。
大小のペンキの缶があちこちに転がっていて、ここが塗料の倉庫だったのがわかった。
めぼしいものはほとんど運び出され、へこんだり、ふたが開いたままだったり、そういうものだけが残されたようだった。
薄暗がりに眼が慣れてくると、意外にもまだまだたくさんのいろんながらくたが残されているのがわかった。
汚れた机や書類棚、ペンキを塗るための刷毛(はけ)とか、脚立や金属のパイプなど。

そこへ来る時は、いつもなぜか雨が降っていたような気がする。
その倉庫にもいくつか窓があり、天気さえ良ければそんなにうす暗くもないはずだった。
そんな、ちっともロマンチックじゃない場所で僕たちは、はじめてのキスをした。



何度か訪れるうちに麻衣がそれを見つけた。
電気のメーターが入っているボックスからパイプが出ていて、それを目で追って行くと、家庭用の何倍もある大きなブレーカーがあった。
当然それのレバーは「切」になっていた。
麻衣が言った。
「このスイッチを入れると、あのシャッターが開けられるんじゃない?」
一度二人でそのシャッターを手で開けようとしたが、全く歯が立たなかったのだ。
電動のシャッターなのだ。
壁のボックスに3つのボタンがあり、「開」「停」「閉」とそれぞれ書かれていた。
「もう電気は来てないんじゃないの?」と、僕。
言いながら、近くに落ちていた棒を拾い、ブレーカーのレバーを上げて「入」にした。
すると、後ろの方、天井のはじっこで「チカチカッ」という音がして、1本だけ蛍光灯が点滅を始めた。
もう寿命が来ている蛍光管だ。
もっとたくさんある、他の蛍光灯は全く点いてなかった。
「ほら、ちゃんと電気来てるじゃん」
麻衣が勝ち誇ったように言う。
「ほんとだ、すげー!」

「開」のボタンを押すと、シャッターは土を落としながら、張り付いていたツタのような植物をプチプチちぎりながら開いていった。
暗い倉庫に、雨の日の弱い光が、それでも十分明るい光が差し込んだ。
見つめている麻衣の横顔もパッと明るく、美しく見えた。
「なんだか私たち、舞台に立ってるみたいね」
「舞台?」
「どんちょうって言うの?あれが開くとスポットライトが当たってさ」

急に麻衣が歌いだした。
林の中にその歌声は吸い込まれていった。
高い、かわいい、低音で少しハスキーになる素敵な歌声だった。
そういえば、麻衣は小学生のころ、市内の児童合唱団に入っていたというのを聞いたことがある。
きっとそのときに覚えた歌なんだろう。
その声を聞いたとき、僕は麻衣を離したくないと思った。
その声も、その言葉も、その笑顔も、その体も。

a0152009_13523313.jpg












ある日曜日の朝、僕はその倉庫に一人でやってきた。
倉庫の中からありったけのペンキの缶をシャッターの前に並べた。
残されていた錆びついた脚立、大小の刷毛等も持ち出した。
青のペンキは大量にあったので、まずシャッター全体を青で塗りつぶした。
そして白い雲や空を飛ぶ鳥、太陽、地上には大きな木や、花々を描き、いろんな動物たちを思いつくままに描き続けた。
僕たちがそこで会う日は不思議に雨の日が多かった。
雨が降っていなくても、必ずと言っていいほど曇りだった。
そんな、少し陰気な二人のデートを晴れの日の風景で飾ろうと思ったんだ。

数日後、麻衣はそれを見ると、息をのんだ。
「すごーい!君って、絵がうまかったんだ?」
その日もまた、雨が降り続いていたが、シャッターの絵の前だけは晴れていた。

僕は傘をさして、壊れかけた椅子に座って、シャッターを見ていた。
いや、劇場の緞帳(どんちょう)だ。
手にはカード型のリモコン。
それは、倉庫の中に残された机の中に入っていた電動シャッターの開閉用のワイヤレスのリモコンだった。
電池はさすがに切れていたので、新しいのを買ってきて入れた。

そして今、僕はその「開」のボタンを押す。
「グングングン…」という重い音を立てて開いて行く。
晴れた日の風景の緞帳が上げられて行く。
舞台の真中には麻衣が立っていた。
緞帳が上がり切ると麻衣は深くお辞儀をしてから、まずあの日の唄を歌った。
傘に当たる雨の音も気にならず、麻衣の唄だけが僕には聞こえた。
高い澄んだ声、低音が少しハスキーになり、それがかえってかわいく感じる。
麻衣は2曲目、3曲目と歌い続けた。
僕と麻衣が、この先ずっと一緒にいられるのかどうかはわからない。
でも、このひと時の、この麻衣の唄は僕だけのものだと強く思った。



僕だけのための、麻衣のコンサートはそれから何度開かれたんだろう。
そんなに多くはなかったように思う。
それは…
信じたくはなかったけれど、麻衣がいなくなってしまったからだ。
会う約束をしていた、その日もまた雨の日。
僕が待っていた舞台の前、晴れた日の風景の緞帳の前に麻衣は現れなかった。
そのころ、僕が見ていたその同じ雨に打たれながら、麻衣は道路に横たわっていたんだと後で知った。
その場所を見たのはあくる日だった。
形をとどめないほど壊れた自転車がまだ残されていた。
乾きかけた道路に雨で薄められた、麻衣のものだった赤いしみが広がっていたんだ。



それから何年もたった。
僕はすっかり大人の仲間入りをして、通っていた学校がある街からもずっと遠いところに引っ越して、一人暮らしをしていた。

ある雨の日の夜。
引越しの時に荷づくりして運んで来たものの、なぜか一度も開いてなかった段ボール箱を何の気なしに開いてみた。
それには、高校時代に使っていた教科書や、音楽プレーヤー、ゲームソフトなどが入っていたので特に必要ではなく半分忘れかけていたものだった。

取りだした教科書の間から落ちた物があった。
それは遠い昔のあの場所、あの塗料倉庫の電動シャッターのリモコンだった。
僕はそれだけを手にとってベッドに横たわった。
目の前へ持ってくる。
「開」「停」「閉」の文字が並んでいた。
特に心は揺れなかった。
「まだこれを持ってたんだな…」
そう呟きながら、無意識のうちに「開」のボタンを押していた。
かすかな「ピ」という音がした。

その時、僕には見えた。
遠いあの場所‥、距離も遠い、時間も遠いあの場所で、電動シャッターが開くのが見えたんだ。
そして開いていくシャッターの向こうには麻衣が立っていた。
緞帳が開ききってしまうと、深くお辞儀をする麻衣。
あの唄を歌いだす麻衣。
でも声は聞こえなかった。
記憶の中の麻衣がさまざまな色のスポットライトで照らされて歌う姿だけが見えていた。
すすり泣く声が聞こえた。
それは僕の声だった。
涙が止まらなかった。
麻衣の声をもう一度聞きたいと、心から願っていた。


              おわり





元になったツイッター版はこれです↓

机の中から電動シャッターのカード型リモコンが出てきた。
すっかり忘れていたが、10年以上前に勤めていた会社の倉庫のシャッターのものだ。
交通事故で大けが、そのまま会社を辞めてしまい、ポケットに入ったままになっていた物だ。
「開」のボタンを押してみた。遠いあのシャッターが開く幻が見えた。


にほんブログ村 小説ブログ 掌編小説へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]
by marinegumi | 2010-09-22 17:59 | 短編小説(新作) | Comments(0)

幼かった頃の私は、孤独な女の子だった。
兄弟もいず、眠るのはいつも真っ暗な部屋でひとり。
眠る時に、童話の一つも読んでもらった記憶はなかった。

覚えているのは冬の夜のことがほとんどだった。
霜で凍りつき始めた窓ガラス越しに見えるあの場所の記憶がよみがえる。

暗い冷たい海の向こう。
暖かそうな光に包まれた場所が私の寝床から見えた。
毎晩毎晩、その場所を見ながら、それを子守歌代わり‥童話の物語の代わりにして眠るのだった。
ひどく寒いこの部屋と違って、どんなにその場所は暖かく見えたことか。
そして、かすかに聞こえる人々の声。
太鼓や、鐘などを鳴らしているのか、ガンガンガン、カンカン‥と賑やかな音。
花火をしているんだろうか、いつも火花が散るのが見えた。

あの場所へ行きたかった。
そこへ行けば、どんなに暖かいことだろう。
どんなに楽しいだろう。
そこにいる人々のたくさん笑顔を思い浮かべながら、眠りに落ちる毎日だった。

いつものように布団にくるまって、その場所を見ていたある日。
ひときわ大きな音が聞こえた。
ひときわ大きな花火が打ち上げられた。
そして人々が大勢、大声を上げながら騒いでいるのが聞こえた。

しばらくして家の電話が鳴った。
隣の部屋にいた母親が受話器を取った。
話は、ところどころしかわからなかった。
「鉄工所で事故‥、お父さんが下敷き‥うそでしょ‥」
何もわけもわからず、それでも何か大変なことが起こった事だけは察していた気がする。



ツイッターの本文はこれだ。

暗い寒い海の向こう。窓ガラス越しに見るその場所は、暖かそうな光に満ちて、いつも何やらお祭りのように賑やかだ。花火が見えたり、ガンガンガンと大きな太鼓のような音がしたり。あそこに行ってみたいと、いつも思っていた小さな私。ある夜、家に電話がかかってきた。「工場で事故‥お父さんが死‥」


どうも、思いつくアイデアが、ツイッターの140文字に収まりきらないというか、収めてしまうと、欲求不満を感じますね。

にほんブログ村 小説ブログ 掌編小説へ
にほんブログ村
[PR]
by marinegumi | 2010-09-17 23:05 | 掌編小説(新作) | Comments(0)