まりん組・図書係 marinegumi.exblog.jp

海野久実が掌編小説やら短編小説を書いています。タイトルの後に原稿用紙換算の(枚数)があるのが小説です。


by marinegumi
プロフィールを見る
画像一覧

<   2012年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

空を見ていた (5枚)

a0152009_3131289.jpg


空を見ていた。
その少年はさっきからずっと空を見上げていた。

私の仕事場の窓から見下ろす事が出来る小さな公園。
そのベンチに一人で座っている少年がいた。
もう30分くらい前に目の隅で、ベンチに座っている男の子らしい人影に気が付いてはいたのだけれど。
あれからずっと少年がそこに座り続けていた事をふと疑問に思った。

同僚に聞こうとして「ねえあの子…」と、言いかけた。
「なに外ばっかり見てるのよ。さてはさては、今日はデートで仕事も手に着かないってか?」
そう言いながら笑って部屋を出て行ってしまった。
ため息をつきながらもう一度公園を見た。
私の心臓がドキンと一つ、大きく打った。
少年が泣いていたからだ。
空を見ているだけなのに、何を泣く事があるんだろう。
ひょっとして迷子?
そう思うとますます気になった。
少年は大粒の涙をこぼしながらただ空を見上げていた。

ふと我に返ってよく考えると、不思議だった。
その男の子は後ろ姿しか見えていなかった。
しかもベンチまでの距離は遠く、少年はごく小さくしか見えていない。
だとするとどうしてその子が泣いていると判ったんだろう。
大粒の涙を見た気さえしたのはどうしてなんだろう。

同僚が戻って来たのでもう一度聞こうとした。
「ねえ。あの公園のベンチに座っている…」
そう言いながら外を指差した。
彼女は笑顔で小首を傾げ、「ん?」と言った。
「あのベンチで彼氏と待ち合わせ?やめなさいよ。めだちすぎ!」
そう言いながら席に戻った。
また、心臓がドキンと大きく打った。
あの子が見えてない?
いやいやいくらなんでもそんな事、と気持ちを机の上の書類に戻した。

ひとしきり仕事に没頭し、退社時間になった。
公園を見降ろすと、さすがに少年の姿は消えていた。
会社を出て歩き始めると、それが当り前のように足は公園へと向かった。

夕暮の公園はそこだけがなぜか別世界のような空気に包まれている。
少年がいたベンチに私は座り、少年と同じように空を見上げた。

ただ、空を見上げた。
私は何の目的もなく、空を見上げるためにだけ空を見上げた。
少年があれほど長い時間見ていたそれと同じ空を見ようとして。
そして今までの人生では、何か目的があってこそ空を見上げていたんだと言う事に気が付いた。
それは本当には空を見ていなかったんだという事に気が付いてしまった。
ただ純粋に空を見るためにだけ空を見上げると、そこには本当の空があるんだと。

空はつながっていた。
あらゆる国へと広がっていた。
そして宇宙へさえも果てしなく繋がっていた。
遮るものは何もなく、あらゆる国の人々の思いを感じる事が出来た。
遠い何億光年も向こうの天体の動きさえ感じている私がいた。
そしてさらに、その空を通して目に見えないものさえ感じる事が出来た。
この世の中に起きる不思議な出来事や、これまでに起こった数々のありえない奇跡まで。
そう言ったこの世のものではない想像を超えた世界の存在までも感じていた。
少年がやって来た、ありえざる世界さえも。
私はそのたくさんの思いに満たされ、あふれ、それが自然に涙になってこぼれ落ちた。

そう、たぶん。
少年が空を見ていたためにその公園の空だけがしばらくの時間、開かれていたのかもしれない。
やがてその空が雲に覆われ闇が濃くなるにつれ、閉じられて行くのがわかった。

ポン、と肩をたたかれて振り返った時もまだ私の目には涙が少し溜まっていた。



おわり



仕事で、テクノポリスに行きました。
兵庫県にある科学公園都市です。
ここには大型放射光施設「SPring-8」(スプリング‐エイト)があります。
広大な土地にこの放射光施設を利用する多くの会社が集まり、住宅も作られ、学校も小学校から大学までそろいました。

a0152009_2393018.jpg

なにしろ広いので、会社や色んな施設が密集しているわけではなく、空も広々と見えて気持ちがいい場所です。
そこで空の雲を見上げて、思わず写真を撮ってしまいました。
雲がずんずん繋がっている感じがすごかったので。
a0152009_242617.jpg


そして2枚目の写真はこの繋がった雲の一部なんですが、放射状のすじは何なんでしょう?
雲の陰に太陽があるんですが、それなら光が放射状になるんじゃないかと思ったり。
これは雲が放射状になっていますよね。
放射光施設がある科学公園都市にふさわしい雲ではあります(笑)

そう言うわけで、まだまだ毎日が「空見の日」です。

「空見の日」の作品を考えている時に、一度短い物を書いては見たもののあまり気に入らなかったので、それは捨ててしまうつもりで別の物を書きました。
それが「空の住人」です。
その最初に書いたものを後で読み返してみるとそんなに悪くもなかったので、かよ湖さんのブログの「空見の日」作品「空を見る」のコメント欄に上げたんですが、かよ湖さんから「もったいないんじゃない?」と言われ、その気になって少々手を加えて、形にしたのがこの「空を見ていた」です。

haruさんがこの作品を映像とともに朗読してくださっています。

haruさんのブログはこちら [ゆっくり生きる]

ランキング参加してます。
クリックであなたに幸運が(笑)
    ↓
にほんブログ村 小説ブログ 掌編小説へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
003.gif
[PR]
by marinegumi | 2012-03-28 02:58 | 掌編小説(新作) | Comments(4)

空の住人 (2枚)

今日は、ネット上のお知り合い、もぐらさんの提唱する「空見の日」だそうです。
ただ空を見上げ、ブログのお友達がみんなで何かを思う日。
やっぱり僕は何かお話を書かなくちゃね。

今日は一日中雨模様で、特に空を見ても何も思う事はありませんでした。
でもまあ、曇った空でもいいから写真を撮ろうと外に出て見ると、思いがけず青空が見えていました。
もうすぐ夕ぐれに押しやられそうな青空でした。
a0152009_20213655.jpg




空の住人


少年は空にあこがれていた。
毎日空を見上げて、ため息をついていた。
空を飛びたい。
あの鳥のように。

大きくなったらパイロットになれば?
そうお父さんは言う。
「そんなんじゃない」
それは飛んでいる飛行機の中にいるだけだ。

スカイダイビングとかやれば?
そうお母さんは言う。
「そんなんじゃない」
そんな道具を使うのは違う。

「そんなんじゃないんだ、そんなんじゃ」
少年はこの地上に縛り付けられた毎日が嫌だったのだ。
空の住人になりたかったのだ。

少年はあまりに空を見上げ過ぎたので首が痛くなった。
そして地面を見下ろした時、足元の草にテントウ虫を見つけた。
見ているうちにそれは小さな羽根を広げて飛び立った。
飛び立ったとは言っても少年の足もとを、低く水平に見えなくなるまで飛んで行ったのだ。

「空だ!」
少年は気が付いた。
ここも空なんだと。
地面からわずかに離れただけで、そこはすでに空なんだと。
小さくジャンプすると、すでに少年は空を飛んでいた。
地面からわずかに離れればそこはすでに空の一部。
あの雲が流れる何千メートルの上空も空ならば、ずうっとつながっているこの地面すれすれのところまでが空なのだ。

少年はすでに空の住人だったんだと言う事がわかった。
少年は両手を広げて、体いっぱいに風を受けて走り出した。




おわり




haruさんがこの作品を映像とともに朗読してくださっています。

haruさんのブログはこちら [ゆっくり生きる]

ランキング参加してます。
クリックであなたに幸運が(笑)
    ↓
にほんブログ村 小説ブログ 掌編小説へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]
by marinegumi | 2012-03-18 20:29 | 掌編小説(新作) | Comments(10)
演奏:デオダート


演奏:グレンミラー楽団



カランと、ハイボールの氷が音を立てた。
するとそれが合図だったようにアナログレコードに落ちる針の音がした。
スースーと寝息のような、盤面と針のこすれる音が数秒聞こえ、演奏が始まる。
その音楽に包まれると、自分が今生きているのが西暦で何年なのかわからなくなった。
と言うよりもそんな事はどうでもよくなったのだ。
レコードを失ってしまい、実に長い間その曲を聞いた事がなかった。
しかし頭の中ではその曲への思いが、今にもはち切れそうなまま残っていたのだ。

カウンターの左に座っている客にカクテルを作っていたマスターは、こっちを見て軽くうなずいた。
数日前、話題になったあのレコードの事を覚えていてくれたのだ。
それを私が一杯目のハイボールを一口飲んだタイミングでかけてくれたというわけだ。

曲は「ムーンライトセレナーデ」
演奏はデオダート。
私の世代ではそうなのだ。
そのレコードのライナーノーツに書いてあったグレンミラーと言う楽団のバージョンは聞いた事がなかった。

私は無意識に半球を描くガラス越しに夜空を見上げた。
若い頃のように無意識に月を探した。
大きな月がぽっかりとそこには浮かんでいた。

半分ほど演奏が進んだ時、わずかに針が跳び、曲の一部がショートカットされる。
マスターを見ると、苦笑いだ。
彼は近づいて来ると、二杯目のハイボールを置きながら言った。
「重力の問題ですね。安物のプレーヤーだから針圧の調整が出来ません」
そういうわけか。
この異星の重力は地球よりもわずかに軽いので、地球で作られたプレーヤーでは音が跳びやすいのだ。
「まあ、それもしょうがないよな」
私は新しいグラスに口を付けると、もう一度夜空を見上げた。
地球で見た月の、倍以上の大きさに見える毒々しいオレンジ色の月が、さっきよりわずかに南に移動していた。
今はもうだれも住んでいない地球の事を思い出す。
地球の月は粉々に破壊され、今や地球の周りを輪になって回っている。
それはそれで美しくはあったけれど。

そして、もう一度針が跳んだ。




おわり



まず、トゥーサ・ヴァッキーノさんの「地球から来た男」がありました。
それを受けて書かれたのが矢菱虎犇さんの「Antonella」です。
どちらも、舞台は地球以外の場所の酒場で、アナログレコードがモチーフ。
地球に思いをはせる主人公、と言う共通点があります。
どちらもとてもそのムードが好きです。

そういうわけで勝手に同じようなモチーフで作品を書いて、勝手に競作してしまいました。
あしからどぅ~(笑)

仕事中に書いて(ひまかよ!)即アップしました。

haruさんがこの作品を映像とともに朗読してくださっています。

haruさんのブログはこちら [ゆっくり生きる]

ランキング参加してます。
クリックであなたに幸運が(笑)
    ↓
にほんブログ村 小説ブログ 掌編小説へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]
by marinegumi | 2012-03-12 17:55 | 掌編小説(新作) | Comments(11)
最近ブログのお知り合いの間で、少々話題になっているのが、「ショートケーキの日」です。
毎月22日がショートケーキの日と言う事らしいですが、その理由と言うのが、カレンダーで見ると22の上にイチゴ(15)が乗っているからだそうです。


a0152009_21312450.jpg

なるほどねー
その発想にはちょっと感心しましたが、それを踏まえて、ショートショートを書かれたのが矢菱虎犇さん。
こちらです。ショートショート「ショートケーキの日」
ネタばれになりますので、先にショートショートをお読みください。


このショートショートで、矢菱さんは上にイチゴが乗っていて、その上には蜂(8)がとまっている。
更にそのケーキは肉(29)の上に乗っていると指摘します。
その作品を読んだ僕がコメントで、「8」の上に、更に「1」が乗っているのは何なんだ?と考えて、こういう絵を想像しました。
 

こういう絵
[PR]
by marinegumi | 2012-03-06 21:38 | わたくし事 | Comments(10)
その6
a0152009_16502150.jpg

その角を曲がると私は古い木造家屋の建ち並ぶ路地に立っていた。
振り返ると高層ビル群は消え、薄暗い路地が続いている。
次の角を曲がると今度は砂漠に立っていた。

角を曲がる度に別の場所に出てしまう。
さっきからずっと同じ事の繰り返しだった。

そして気が付く。
この砂漠には曲がるべき角がない事に。





その7
a0152009_16514618.jpg

その角を曲がるとなぜか私は道の上に寝そべっているのだった。
歩いていた格好のまま仰向けになり、まだ歩き続けようとしていた。
混乱しながら起き上り、再び歩き始めた。
そして次の角を曲がった途端、今度ははっきりと台地が90度傾くのを見た。

起き上がり頭上を見上げると、そこには私の町があった。





その8
a0152009_16525961.jpg

その角を曲がると美しい花が咲く暖かな春だった。
僕は殺風景な冬の道を歩いて来た。
道を横断して、四つ角のもう一本の道に足を踏み入れると、そこは日差しの強い夏。
もう一つの道路は秋の落ち葉が舞っていた。

四つの季節が出会う交差点で僕は別れた彼女との季節ごとの想い出の洪水に飲み込まれていた。





その9
a0152009_165416.jpg

その角を曲がると私の町があった。
青い空の下、見慣れた町は確かにあった。

次の角を曲がると私の町はあった。
降る雨の中、町は息づいていた。

次の角を曲がると私の町があった。
夕焼けに美しく映えていた。

次の角を曲がると見慣れた街が瓦礫の山と化していた。
後戻りする事が出来ないのは分かっていた。






その10
a0152009_1657588.jpg

その角を曲がると赤いランドセルが浮かんでいた。
最初は木か何かに引っかかっているのかと思い近づいて見たが、確かに何の支えもなく浮いているのだった。

昨日この道で小学生の女の子が交通事故で死んだ。

そうなのだ。
私には幽霊を見る能力が全くない。
しかし幽霊はそこにいる。
そういう言う事なのだ。




おわり



またなんとなくツイッター小説をアップしたいなーと思い、みて見ると3本しかストックがありませんでした。
それで急きょ2本書いてツイッターに投稿した後、修正を加えてこちらにアップしました。

haruさんがこの作品を映像とともに朗読してくださっています。

haruさんのブログはこちら [ゆっくり生きる]

ランキング参加してます。
クリックであなたに幸運が(笑)
    ↓
にほんブログ村 小説ブログ 掌編小説へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]
by marinegumi | 2012-03-03 17:00 | ツィッター小説 | Comments(6)