まりん組・図書係 marinegumi.exblog.jp

海野久実が掌編小説やら短編小説を書いています。タイトルの後に原稿用紙換算の(枚数)があるのが小説です。


by marinegumi
プロフィールを見る
画像一覧

<   2012年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

勇者の剣 (9枚)

a0152009_228078.jpg


トメノギ城の城下町に住む若者キュロンは靴屋をしていた。
貧しい町だったので、新しい靴はめったに売れず、毎日毎日汗くさい靴の修理に明け暮れていた。
そんな毎日に飽き飽きしていたのだ。
かといって外へ出て違う仕事を見つけると言うのもあまりに面倒くさい考えだった。
体を動かす事がとにかく億劫な男だった。

ある日キュロンは珍しく森へ出かけた。
日ごろから想いを寄せているパン屋の娘の誕生日が近い。
しかしプレゼントを買うお金もないと言うので、森へ美しい花でも咲いていないかと出かけて行った。
誰も行かないような森の奥深くなら、珍しい見たことがないような花が咲いているかもしれない。
彼女もまた貧しいので、そんなものでも喜んでくれるに違いないと思ったのだ。

キュロンはことさら険しい道のりを選んだ。
人がよく通って自然に出来た道を避け、森の奥へ奥へと進んで行った。
誰も見た事のない花を見つけるにはこれしかないと思ったからだ。
へとへとになって座りこんだ場所はまだ森の入り口から1.5キロほどだった。
座りこんだ勢いで後ろに倒れそうになって頭を何かにぶつけた。
後ろ頭をさすりながら振り返ると大きな岩がキュロンを見下ろすように聳え立っていたのだ。
岩の全体が見えるまで後ろに下がると、その岩のてっぺんから何か細い物が生えているのが見えた。
花にしては、やけに細く長いものだった。
岩に絡み付くつる草に掴まって、キュロンは岩に上った。
かなり歩いて疲れてはいたが、岩の上にある物に対する興味が彼を奮い立たせたのだ。

傷だらけになってやっと岩の上までたどり着いた。
そこには何と言う事だろう、見事な装飾を施した一本の剣が深々と岩に突き刺さっていたのだ。
雨風に晒されているはずなのにわずかの錆さえ浮かんでいない。
高く上った太陽の光で冷たく光っていた。
キュロンは勇者の剣の伝説を思い出していた。
大昔の勇者クレノリスが魔王の怒りを鎮めるために身代わりの岩に剣を突き立てたと言う。
「その剣を抜いて我が物にした時、その者が勇者となる…」
キュロンは自然とそう呟いていた。
そして、これがその勇者の剣に違いないと確信していた。
でなければ何十年、いや何百年か?それほどの時を経てもなお、こんなに美しいはずがないと思った。

キュロンはおずおずと剣の柄(つか)に手を伸ばした。
じわりと握る手に力を入れた。
そして軽く上に引き上げたが、予想通りびくともしなかった。
今度は両手でつかみ、腰を十分に入れ、満身の力を込めて引き上げ続けた。
やはり剣はびくともしない。
それから日没前までキュロンは剣と格闘を続けた。
汗だくになり、剣を持ち上げ、剣の刃を縦に横に揺さぶるように力を加え続けた。
しかし、剣は横には大きく湾曲するものの、全く抜ける気配もなかったのだ。
丸太を岩の上に運び上げ、つる草で縛り、てこの原理で引き抜こうとしたが無駄だった。
キュロンの体はもう傷だらけだった。
あちこち血がにじんでいた。
間もなく夕闇が迫るのでその日は諦める事にし、森を後にしたのだった。

あくる日は靴屋の仕事を放置したまま朝早くから森に向かった。
あの剣をどうしても手に入れるのだと言う強い思いがあったので、昨日の疲れも何の事はなかった。
同じ険しい長い道を歩き、重い体を引き上げ、岩に上がると勇者の剣は神々しくそこに立っていた。
昨日と変わらず深々と岩に刺さっていた。
そして両手でしっかりと剣の柄を握り、刃に対して前後に力を加えた。
剣を揺さぶる感じだ。
上に抜こうとするより、これが一番効果的な気がしたのだ。
何度も何度も体重をかけて揺さぶる。
しかし剣は殆ど動く事はない。
今度は左右に揺さぶりをかける。
剣はしなりはするものの、その強靭な弾力でキュロンの体重を受け流す様だった。
何時間もそれを続け、たまには上に引っ張りもした。
しかし剣はびくともしないのだった。

キュロンはいつものように朝早くから森へ出かけた。
あの剣が刺さった岩に通うようになって早くも三カ月が過ぎていた。
剣を誰か仲間と一緒に抜きに行くという発想は鼻からなかった。
自分ひとりでやり遂げなければ勇者にはなれないと確信していたのだ。
キュロンは軽々と岩の上に上り、いつものように剣の柄に手をかけた。
見事な装飾が施された柄は、毎日のキュロンの手垢や血がついて、黒ずむかと思われたが美しいままだった。
そして思い切り体重をかけた次の瞬間、一瞬の抵抗の後、ポロリと剣は抜けたのだった。
勢い余ってキュロンは岩の下に落ちてしまった。
しかしすばやくつる草をつかみ、落ちる勢いを鈍らせ、身軽に怪我をする事もなく地上に体を転がした。
その手に剣が握られていた。
やっと抜けたかと剣を見ると、抜けたのではなく岩に刺さった部分を残して刃が折れていたのだった。
さしもの勇者の剣も、いわゆる金属疲労には勝てなかったという事だろう。

町に帰ったキュロンはその日のうちに勇者の剣を鍛冶屋に持って行った。
折れた剣先を整え、研ぎを入れ、剣として使えるように改造したのだ。
柄に対して、刃の部分が少し短くはあったが、十分美しい剣になった。
靴の材料の皮を使い自分で鞘を作るとそれに剣を納め、腰に差して街を歩いた。
すると、町中の若い娘たちが彼を見るのだ。
しかし、彼の持つその勇者の剣を見るのではない。
筋骨隆々で、たくましく、精悍で、しかしその瞳は深い優しさをたたえているキュロンの容姿に目を奪われたのだ。
パン屋の娘も例外ではなかったが、彼女は彼がキュロンだと言う事に気が付いていなかった。
キュロンはほんの三カ月前には体重が180キロもあり、少し歩いただけで大汗をかいて息を荒らげる様な青年だったのだ。
腹は4重にもたわみ、背の高さよりも広かった。
二の腕はたわわに肉をたたえ、日本の着物の振袖のようだった。
それが、毎日険しい森の道を通い、更に勇者の剣を抜くために何時間も揺さぶったり引き上げたりを繰り返すうちに脂肪や肉が落ち、筋肉がどんどん付き、見事な体になっていたのだった。

キュロンは町中の娘が振り返る今、もうパン屋の娘は眼中になかった。
女は誰でもより取り見取りだと思ったのだ。
毎日どの娘が一番好みに合うのか考えていたが、ある日お城の近衛兵の隊長の目に止まりキュロンはスカウトされる事になった。
キュロンは喜んだ。
これは勇者になるための第一歩ではないかと。
勇者になれば、もっともっと素晴らしい美女を手に入れる事もできよう。


その剣の柄にはだれも読める者のない古い文字でこう書かれていた。

この剣を引き抜く者は 真の勇者となる
この剣を折り取る物は 勇者の仮面を被る


その後、キュロンは初めての戦(いくさ)であっけなく殺されたと言う。




おわり



つい最近のツイッター小説の掌編化です。
ファンタジーはファンタジーでも、こう言った「剣と魔法」テーマみたいなものは苦手ですね。
僕にとってファンタジーの基本は飽くまでブラッドベリです。
でもまあ、こんな物も童話の延長と考えれば、それはそれでいいのかもしれません。
とはいえ、「剣と魔法」を借りた落とし噺なわけですが。

ランキング参加してます。
クリックであなたに幸運が(笑)
    ↓
にほんブログ村 小説ブログ 掌編小説へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]
by marinegumi | 2012-11-30 22:14 | 掌編小説(新作) | Comments(6)

砂漠 (2枚半)

a0152009_1315979.jpg



見渡す限り、一面の砂漠に若者は立っている。
容赦なく照りつける太陽の下。
彼は汗もかかず、さわやかな笑顔のままあたりを見回していた。
時折砂塵と共に吹きすぎて行く熱風に彼の髪の毛がなびく。
彼の表情はおだやかで、その熱風がまるで心地よいそよ風でもあるかのようだ。
彼は水筒はおろか、何の装備も身に着けていない。
ジーパンに半袖のTシャツという軽装だ。
この日差しの下では短時間でひどい日焼けに見舞われる事だろう。
彼のいる周りには数十個の彼の足跡はあったが、それ以上は砂漠から続く足跡もない。
まるでたった今まで町の中にいて、いきなり砂漠の間ん中に放り込まれたかのようだった。
彼はポケットからコインを取り出すと、目の前の空間で手を離す。
するとコインは空中で消えてしまったのだ。
彼が何もない空間を指で指すと音らしい音のない砂漠に「ガコン」と言う大きな音が響いた。
若者は少しかがみ、低い位置からそれを取り出した。
よく冷えた350mlのコカコーラの缶だった。
彼はそれを気持ちのいい音を立てて開けると、うまそうに一口飲んだ。
そして二口、三口。
ふう~と息を吐いて、アルミ缶をクシャリと握りつぶす。
軽くげっぷをした。

彼の近くには半ば砂にうずもれた遭難した探検家の白骨があった。
その探検家が死ぬ前に繰り返し見たのがその若者の幻だった。
その幻が、探検家のあまりに強い思いのために、未だに砂漠の真ん中で繰り返し現れているのだ。

若者の幻は握りつぶしたコーラの缶を放り投げようと振りかぶった。
しかし思い直し、それをジーパンの後ろポケットに入れると、数歩あるいて蜃気楼のように消えた。



おわり



さっき書いたツイッター小説を即、2枚半の掌編小説にしました。
画像まで作って即アップです。

ランキング参加してます。
クリックであなたに幸運が(笑)
    ↓
にほんブログ村 小説ブログ 掌編小説へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]
by marinegumi | 2012-11-23 01:33 | 掌編小説(新作) | Comments(0)
a0152009_20184160.jpg



窓の外は落葉樹の林。
どこに道があるのかさえ分からないほどに落ち葉で埋め尽くされている。
もう今夜はクリスマスイブだと言うのに雪はまだ降らない。
まだ?
そう、まだ降らないじゃなくて、もうずいぶん前から雪など降らないんだ。
わたしは雪の降らないこんなところに引っ越して来てしまったんだ。

前にあなたと住んでいたのは北国だったから、クリスマスと言えば必ず雪が積もっていた。
毎年12月24日には仕事帰りのあなたがプレゼントの包みを抱え、雪をさくさく踏みながら帰って来る姿を見つけようと、椅子に座りカーテンを開けて外を見ていた。
待ちくたびれて眠ってしまい、夢の中であなたの足音を聞いて目が覚めると、あなたの笑顔がいつもあった。
毎年そんな事の繰り返しだった。
そんな子供みたいな、ままごとのような生活だった。

ある年のクリスマスイブ。
二人分の御馳走を用意して、買って来たケーキをテーブルに置いた。
そして毎年、店先に一羽分の丸焼きが並んでいるのを横目で見ながら買って来る、七面鳥のモモ肉。
「丸焼き、二人じゃ食べきれないしね」と呟いてみる。
本当はあれを食卓に一度は置いてみたかった。

小さなクリスマスツリーの点滅するイルミネーションに照らされて、あなたの帰りを待っていた。
鏡に映るわたしの顔が、点滅のたびに明るく幸せそうに見えたり、暗く沈んで見えたり、若く輝いて見えたり、年老いて見えたりを繰り返していた。
御馳走はそのまま冷え切ってしまい、あなたは帰って来なかった。
悲しい知らせの電話のベルが鳴った時、お腹の中のあの子が少し動いたのを覚えている。
ちいさな命は予感に震えたんだろうか。

あれからずいぶん年月が経ったようでもあり、あの日がそのまま今日と言う日につながっているような気もした。
窓の外の景色はどこまでも落ち葉で色取られている。
時々ささやくような足音が聞えた。
何か小さな動物たちの落ち葉を踏む音だ。
今夜のために御馳走を用意しながらそんな足音にも耳を澄ませている。
テーブルの上には三人分の食器が並んでいた。
お鍋の料理を盛り付け始めてそれに気が付いた。
どうやら無意識のうちに並べてしまっていたらしい。
料理はちゃんと二人分なのに、食器を三人分用意するなんて、自分でもおかしかった。
スープとリゾットと七面鳥のモモ肉、そしてケーキ。
それぞれ盛りつけ終わると、妙に何も乗っていないもう一人分の食器の白さが冷たく感じられて戸棚に片づけた。
窓辺の椅子に座り、窓の外を眺める。

夢を見ていた。
どんな夢なのかは思い出せないけれど、その夢の最後の方で足音が聞えた。
凍りかけた雪を踏むさくさくと言う足音?
いや、それは落ち葉を踏みながら近づいて来る、人の足音だった。
足音が扉の前で止まるとわたしは目を覚ました。
すっかり暗くなった部屋にツリーのイルミネーションの光だけが影を落としていた。
誰もいなかった。
テーブルの上の二人分の御馳走はすっかり冷えてしまっていた。
今年のクリスマスもまた二人分作ってしまった。
そうなんだ。
あの子もやっぱりわたしを置いて行ってしまったんだ。
点滅するイルミネーションの光がわたしの顔を照らす。
鏡の中のそれをわたしは見ている。
明るく幸せそうに見えたり、暗く沈んで見えたり、若く輝いて見えたり、年老いて見えたりを繰り返している。




おわり




毎年、と言うか、今年で三年目なんですが、クリスマスにちなんだお話を書いています。
前の二作品は思いっきりハッピーなお話だったのですが、今回はご覧のとおりのお話です。
haruさんのリクエストで書いたのですが、まだクリスマス気分が盛り上がらないのに書くとこうなっちゃうのでしょうか(笑)
ひょっとしていよいよクリスマスが近づくと別のハッピーなお話を書くかもしれませんね。

ランキング参加してます。
クリックであなたに幸運が(笑)
    ↓
にほんブログ村 小説ブログ 掌編小説へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]
by marinegumi | 2012-11-18 20:21 | 掌編小説(新作) | Comments(6)

湖の少女 (3枚半)

a0152009_2313418.jpg



遠い星からやって来た少女は、壊れた宇宙船を捨て、深い森を歩き始めた。
一人乗りの宇宙船には、自分のDNAを採取したメモリカプセルを残してきた。
いつの日か、少女の星から誰かが偶然にこの星にやって来る事があれば、か弱い救助信号を出し続けている彼女の宇宙船を見つけてカプセルから少女をクローン再生し、メモリチップから彼女の記憶を移植してくれるかもしれない。
そうすると、彼女の両親は彼女を失った悲しみをいくらかでも和らげてくれるだろう。
それはおそらく、ほんのわずかの可能性だったけれど。

どこまで歩いても森は深くなるばかりだった。
この星の大気が、少女には合わないらしく、ひどく体が重く、頭痛が激しくなった。
もう正常に考えられなくなっていた。
そう言ったものから彼女を守るはずの生命維持装置などは、全て宇宙船と一緒に壊れてしまった。
実際の状況よりも必要以上に悲観的になり、陽が落ちると彼女の心は絶望に満たされた。

すると、少女の目の前に、まるで彼女を待っていたように暗く冷たく水を湛えた小さな湖が現れた。
ほんの少しの間、少女は立ち止まり、それが決められた運命だったように湖に足を踏み入れた。

あっけなく湖が少女を呑みこむと、後に出来た波紋もすぐに治まり、何事もなかったように夕暮の森は闇に包まれた。

水底に沈みながら少女は、宇宙船から持ち出した液体のカプセルを開けた。
その液体は少女を包みながら少女と同じ速さで湖底へと沈んで行った。
少女は間もなく意識を失い、その心臓は鼓動を止めた。
液体は高度に発達した防腐剤のようなものだったのだ。
何万年でも、水が涸れない限り彼女を包み、その姿を美しいまま保存する事だろう。

森に朝が来た。
遠い山々から日が昇り、森の木々に光を投げる。
陽が次第に高くなると、湖にも直接太陽は差し込んだ。
すると最初はごく薄く、幻のように少女の姿が湖の上に現われたのだ。
その姿は次第に色も濃くなり、七色の輝きに包まれて湖の水面すれすれを優雅にくるくると舞い踊った。

少女の沈んだ湖の底では水がわき出していて、その水流が彼女の体を舞い踊らせていた。
そして彼女の周りの特殊な液体が太陽の光を異常に屈折させ、少女の姿を湖の上の霧に投影していたのだ。
その姿は太陽が湖を照らし始める時間には数分間、必ず見られた。

誰もそれを見る者はいなかったけれど。



おわり



旅行から帰って来てからはツイッター小説ばかりなので、何かを書かなければと思ってとりあえず書きました。
ひょっとしてツイッター小説しか書けなくなってる?と言う恐怖心があったのですが、大丈夫そうですね。
大丈夫だと言っておくれ~

ランキング参加してます。
クリックであなたに幸運が(笑)
    ↓
にほんブログ村 小説ブログ 掌編小説へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]
by marinegumi | 2012-11-12 23:17 | 掌編小説(新作) | Comments(6)