「ほっ」と。キャンペーン

ねずみ
a0152009_141250.jpg

「あーまたやられちゃった~。あなた見てよ。電子レンジが動かないと思ったら、コードをネズミがかじってるのよ」
「あらら、ひでえな」
「ほら、このダンボール箱のジャガイモもかじられ……」
「ん?どうしたんだ?」
「あなた。今かじってるところよ」
「叩き潰してやる!」
「あなた。それがミッキーマウスなの。ほら、ミニーちゃんと一緒にジャガイモかじってる」
「か……かわいい」






うし
a0152009_145972.jpg

「よく噛んで食べなさいよ。ほら、残さないのよ」
「ぼくもうお腹いっぱいだよ」
「もっと食べなきゃ大きくなれないわよ」
「食べられないもん」
「しょうがないわね~。パパ、食べてやってくださいな」
「またかよ。おれ、最近食べすぎだしな」
「だいじょうぶ。あなたはもっと太った方がいいの。あら、坊やどこ行くの?」
「お散歩してくる~」
「だめよ!すぐ寝なさい。食べてすぐ動くと人間になっちゃうわよ」






とら
a0152009_956164.jpg

「やめろ!俺はトラだぞ。俺を食おうなんてとんでもないやつだ。やめろよ。キバもないし、するどい爪もないお前みたいなやつが俺にかなうわけがないだろ? ぐふっ!おおう!やりやがったな。そんな道具を使うなんてひきょうな奴だ。でもな、俺を食べたら食べたで後が怖いぞ。俺の体には毒があるからな。ふふふ、もうお前はおしまいだぜ……」

トラフグは、板前がフグの調理師免許を持っているのを知りませんでした。






うさぎ
a0152009_172063.jpg

ぼくはウサギになった夢を見ていた。
月面を気持ちよく跳ねながら地球を眺めていた。
ぴょーん、ぴょーんと、軽くジャンプするだけで、低重力の月ではすごく高く跳ぶ事が出来る。
滞空時間がとても長い。
そう、跳ぶと言うより飛んでいる感じだ。

目が覚めてもぼくはウサギだった。
狭い薄暗いウサギ小屋の中だった。
ピョ~ンと一つ跳んでみるとしたたか頭を打った。






りゅう
a0152009_173412.jpg

小鬼どもの手から救い出した姫様の話を聞くと、なんと異世界から来たのだと言う。
地球と言う惑星の日本とかいう異世界から迷い込んだのだと。
姫様は小鬼どもにひどい傷を負わされていた。
血がとめどなく流れ続けている。
この世界では姫様を救う手だてはない。
わたしは彼女を背中に乗せ、空高く舞い上がり、その地球とやら言う異世界を目指した。
そこにはビョウインと言う場所があると言うのだ。
そこに行けば助かると。

救急病院の前に大けがを負った少女が倒れていた。
すぐに手術室に運ばれて輸血と治療が施された。
その少女が倒れていたすぐそばに一匹のミミズらしい物が干からびて死んでいた。
誰も気が付くはずもなく。
さしものドラゴンもこの異世界では元の姿を保てなかったのだ。






へび
a0152009_175188.jpg

雨の降る夜、蛇の目傘を差した女の人が家の前を通った。
二階から見下ろしていた僕の方を女の人は一瞬見上げ、そのまま通り過ぎて行った。
その傘が珍しかったので僕は見えなくなるまでずっと見送った。

その夜に夢を見た。
子供の頃に蛇を殺したことがある。
地面を這う蛇が恐ろしくて、大きな石を投げつけたのだ。
その蛇の苦しむ様子と僕を睨む目のおぞましさを夢の中で再体験した。

次の夜もまだ雨が降っていた。
蛇の目傘を差した女の人が家の前を通った。
二階の僕を女の人はまじまじと見上げた。
その目があの殺した蛇の目だった。

女の人は動かない。
僕も目を離すことが出来なかった。






うま
a0152009_181092.jpg

僕は馬が嫌いだった。
なぜなのかは解らない。
僕よりもずっと体が大きいから恐ろしいと、そう言うわけでもない。
なぜか一緒にいたくないんだ。
一緒にいるのを見られるのが嫌なんだと思う。
なぜ嫌なのかがこれまたよく解らない。
じっと考えてみる。
そうだ、なぜか馬と一緒にいると蔑(さげす)まれているような気になる。
人間が僕と馬を見るその目がそうなのだ。

「あ~、馬と鹿がいる。馬鹿だ、馬鹿だ~」

何を言ってるのか人間の言葉は判らない。
何でそんな目で見るんだよ~






ひつじ
a0152009_9314710.jpg

ああ、また今夜も眠れない。
どこかで僕たちを呼ぶ声がする。
眠れないからっていちいち僕たちを呼んで、数え続ける人間よ。
僕たち羊もちゃんと睡眠を取らないと体がもたないんだぞ。






さる
a0152009_183916.jpg

ぼくはナマケモノ。
毎日ただ木にぶら下がったまま殆ど動かない。
食べ物はぼくがぶら下がっている木の葉っぱだからあまり動かなくても済むんだけどさ。
でも時々あのサルのように木から木へものすごいスピードで飛び移ってジャングルを駆け回りたいと思う時もあるんだ。
そう、そう言う夢を見ることもよくある。

体中が風を感じ、木々を駆け抜ける。
風景が飛ぶように過ぎて行く。
ぼくはサルだ、ジャングルを疾走するサルなんだ~!
ああ、また夢を見ているんだなと思った。
でも、なぜか体が痛い。

そのナマケモノは、天敵のジャガーの口に咥(くわ)えられているのに気がつくまで、もう少し時間がかかりそうだった。






にわとり
a0152009_18538.jpg

その小学校ではニワトリを飼っていた。
オスだったので、卵を産ませるためではない。
大きくなると家庭科の料理の時間に生徒の目の前で締めて、料理をしてみんなで食べようと言う事なのだ。
命の大切さ、食べ物の神聖さ、生きて行くことの大事さ、残酷さを学ぼうと言う事だった。
その事を許せなかった少女がいた。
「こんな可愛いニワトリを殺しちゃうなんて許せないわ!」
そう思った彼女は料理の時間割のある前日の放課後、鶏小屋からそのニワトリを学校の裏山に放してやったのだ。

その夜のうちにニワトリは野良犬の餌食となった。






いぬ
a0152009_19163.jpg

「ゲップ。満腹で動けないワン」






いのしし
a0152009_193187.jpg

「あんたが猟師の六太夫さん?」
「そうじゃ、わしが六太夫じゃが?」
「ほんまに六太夫さん?」
「えらい疑り深い人じゃな」
「わたい、猪の肉を分けてもらいに大阪から来ましてな」
「おお。なんじゃ、そうか客人かいな。ちょうどええとこに来なはったぞ。ほれ、これが今朝仕留めたばっかりの猪じゃ」
「うーん、猪の肉は新しいないと淋病には効かんと言うからなぁ。これほんまに新しいか?今朝仕留めた言うても仕留めるとこ見てへんし」
「ほんまに疑り深い客人じゃのう。ほれ、ここを見てみい。製造年月日が今日の日付になっとろうがな?賞味期限は30日までじゃ。バーコードもつけてあるしの」
「ひえ~恐れ入りました」






おわり





今年最後の作品として、何か書いてみたいと思いながら、今月末締め切りの応募作品があったので書かないつもりが思いついてしまいました。
十二支をそれぞれ題材にして12のお話を書くというもの。
まあ、仕事が31日まであるものの、30日ともなると暇な時間も出来るので、半分ほど仕事中に書けました。
残りは家に帰ってから書いて、画像を用意して、トリミングして、更に応募作品をほぼ完成に近づけるという、なんともちょっとハードな一日でした。

この十二支のお話は2本ぐらいが過去のツイノベをアレンジしたもので、残りは新たに考えたものです。
お楽しみいただけましたでしょうか?

それでは皆さん、よいお年を

ランキング参加してます。
クリックであなたに幸運が(笑)
    ↓
にほんブログ村 小説ブログ 掌編小説へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]
by marinegumi | 2013-12-31 01:31 | 掌編小説(新作) | Comments(10)

a0152009_11351973.jpg

それは遠い遠い昔のこと。
初代のサンタクロースがまだ若かった頃には、世界中に魔物たちがあふれておりました。
人の目には見えぬその魔物たちもサンタクロースには見ることが出来ました。
真っ白い暖かい防寒着に体を包み、トナカイに引かせたソリに乗って夜空を走る時、その魔物たちが姿を現すのです。
野獣の姿を借りた者、人間の死者の姿を借りた者、不定形の異形の者。
ありとあらゆる魔物たちはサンタクロースの行く手を阻むのです。
サンタクロースがプレゼントを貧しい子供たちに運ぶのが彼らには許せなかったのです。
子供たちの恐怖が何よりの彼らの好物でした。
子供たちが泣き叫ぶのが何よりも彼らにはうれしい事なのです。
プレセントで子供たちが笑顔になるのが許せないのです。
一心不乱に子供たちの街を目指すサンタクロースに魔物たちは容赦なくその牙を、爪をむき、毒を浴びせようとします。
でも、サンタクロースはそれに反撃することもなく、ただただ去年のクリスマスの子供たちの笑顔を思い浮かべ、夜空を疾走するのです。
やがて無数にいたはずの魔物たちも数が少なくなって行き、最後の一匹が去った時にはサンタクロースの体は傷だらけになっていました。
彼の白い防寒着は、その白い部分が殆どないまでにサンタクロースの血で赤く染まっていたと言う事です。

長い長い時を経て、魔物たちもその姿を消し、平和なクリスマスを人々は迎えています。
サンタクロースの末裔は、その初代サンタクロースの逸話を想い、プレゼントを配りに出発する時には真っ赤な防寒着を着るようになったと言う事です。

メリークリスマス!



おわり



やはり書いてしまいました。
24日は書いているうちに25日になってしまったので、今日は書かなくてもいいか?と思っていたのですが。

ランキング参加してます。
クリックであなたに幸運が(笑)
    ↓
にほんブログ村 小説ブログ 掌編小説へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]
by marinegumi | 2013-12-25 11:38 | 掌編小説(新作) | Comments(6)

a0152009_045062.jpg

あ~あ。
今年のクリスマスはバイトバイトでおわっちゃったな。
クリスマス直前にあいつにふられちゃってさ。
やけになってクリスマスにバイトぶっ込んじゃってさ。
朝から夜まで働きっぱなし。
我に返ってみるとクリスマス終ってるし、帰り道は寒いし寂しいしお腹すいてるし。
コカコーラの看板のサンタさん、ちょっと間が抜けて見える気がする。
こんな気持ちになるんなら家族みんなで過ごせばよかったんだよね、クリスマス。
あれ?
公園の木の向こうに明かりが見えてる。
なんだかあったかそうな明かりだなぁ。
え?なんで足が勝手に向いちゃうの?
うわ、なんだかきれいなお店があるよ。
うそでしょ?こんな公園の中にお店なんかなかったし、作っちゃいけないだろうし。
覗くと、中には人がいっぱいいる。
なんかパーティーをやってるみたい。
「いらっしゃいませ」
女の人がドアを開けてくれた。
「あ、はい。わたし、なんでこんな所に来ちゃったのかしら?」
「あなたもそうなんですね」
え?どういうこと?
「どうぞ、どうぞ。どこでも好きな所にお掛けになって。このパーティーは無料ですからね」
「え、でもわたし」
「これはクリスマスを楽しめなかった人の集まるパーティーなんですよ。ほらみんなあなたと同じ境遇の人たちばかり」
あれ?なんだか見たような気がすると思ったら、あれはケーキ屋の店長さんだわ。
他にもいろんな人が大勢いる。
わたしは椅子に座って出されたチューハイを一口飲んだ。
テーブルの上には御馳走がいっぱい。
その時ドアが開いて入って来たのは……
「ホーホッホッホ~」
「ほら。パティーの主役登場ね。サンタクロースさんよ。本物の」



おわり



クリスマスストーリーもいよいよ大詰め。
まあ、25日も書くかどうかは微妙ですけど、って、もう25日になってますね。
そろそろネタ切れかな。
と思ったけれど、今日もクリスマスネタのツイノベを2本書きました。
これを書きながら、ツイノベも書くと言う離れ業。

画像はコカコーラのCMのサンタクロースです。

ランキング参加してます。
クリックであなたに幸運が(笑)
    ↓
にほんブログ村 小説ブログ 掌編小説へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]
by marinegumi | 2013-12-25 00:49 | 掌編小説(新作) | Comments(2)

a0152009_2153177.jpg

クリスマスプレゼントをお前たちに渡すなんてのは考えてみれば初めての事だな。
いつも身近にいてくれる一番近しいお前たちなのに。
どうか受け取っておくれ。
このニット帽は手造りだよ。
お前たちそれぞれのために合わせてわたしが作ったのさ。
なかなか複雑な形のニット帽でかなり苦労したけれどな。
このブーツは暖かいぞ。
ムートンの防寒ブーツだ。
これも手造りかって?
いやいや、さすがにブーツまではわたしにも造れない。
それでもオーダーメードと言うやつだ。
村の小さな靴屋さんに頼んでおいたのがやっときのう出来上がって来たんだ。
それからこれはLEDのヘッドランプだ。
頭にこれを付けていれば夜道も危なくないぞ。
さあ、みんなニット帽には名前が書いてあるだろ?
ああ、ルドルフ、お前のはこれだな。
そうそう角の形に合わせてちゃんと編みあげてあるだろ。
ムートンのブーツは一人に4つだぞ。
4つで一足と言うわけだ。
ヘッドランプはベルトで調整が出来るようになっているからちゃんと合わせるんだぞ。
さてさて、それではトナカイたち、世界中の子供たちが待っておる。
今年もみんな、がんばっておくれ。
さあ、出発だ。
え?
なんだって?
これはウールのマフラーじゃないか。
お前たちからのプレゼントだって?
ありがとう、ありがとう!

進行方向はお前たちに任せたぞ。
いや、なに、ちょっと前がにじんでよく見えないんじゃよ。




おわり。



さてさていよいよクリスマスがやって来ますね。
今年はなんだか12月に入ってからずっとクリスマスみたいでした。

ランキング参加してます。
クリックであなたに幸運が(笑)
    ↓
にほんブログ村 小説ブログ 掌編小説へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]
by marinegumi | 2013-12-23 23:44 | 掌編小説(新作) | Comments(2)

ビンを拾った (2枚)

a0152009_22233254.jpg

学校の帰り道。
いつものように近道の砂浜を歩いていた。
雪がちらちら降り、海からの風は冷たかった。
とても寒いけれど、ぼくは毎日ここを通る。
海の匂いが好きだからね。
ふと見ると、波打ち際にビンが落ちていた。
打ち寄せる波に転がされている。
コルクで栓をした透明なビンだ。
拾い上げると、なんとびっくり。
そこにはトナカイが入っていたんだ。
まるで本物のように見えるけれど、ただひどく小さく、ぜんぜん動かない。
それをランドセルに仕舞って歩いて行くとまた同じビンを見つけた。
そしてまた。

部屋の机の上にはトナカイ入りのビンが4本乗っている。
ぼくは押入れの中のガラクタ入れの箱からビンを2本取り出した。
ほこりを手でぬぐって机の上に置く。
その1本はさっきと同じ海で去年拾った物で、白い袋が入ったビン。
そして一昨年(おとどし)に拾ったもう1本のビンにはサンタクロースが入っている。
ぼくは6本のビンを並べてそれぞれのコルク栓を抜いた。
すると一斉にサンタもトナカイも袋も大きくなりながら飛び出して来た。
サンタはぼくの目の前で「ウン、」と腰を伸ばすと袋から大工道具を取り出し、ぼくの木の机を壊して、みるみるうちに見事なソリを作りあげたんだ。
そしてそれにトナカイを繋ぎ、あっという間に窓から飛び出して行った。
今日は12月24日だ。
これからプレゼントを用意していて間に合うんだろうか?
そして気がついた。
一昨年と去年はクリスマスプレゼントが来なかったことに。




おわり



どんどんクリスマスストーリーが出来て行きます。
これはちょっとユーモラスで不思議なお話ですね。
悲しいクリスマスにはそろそろ飽きてきたかも(笑)

ランキング参加してます。
クリックであなたに幸運が(笑)
    ↓
にほんブログ村 小説ブログ 掌編小説へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]
by marinegumi | 2013-12-22 22:26 | 掌編小説(新作) | Comments(0)

雪の街 (4枚)

a0152009_22124876.jpg

そこは見渡す限りの雪原だった。
夜空の下に横たわるどこまでも広い雪の荒野だった。
見渡す限りの雪の世界に、更に新しい雪が降り続いている。
白一色の世界を更に白く塗りつぶして行く。
次第に風が強くなり、一帯は吹雪になった。
風で吹き寄せられた雪によって、ところどころに吹き溜まりが出来始める。
それは広い雪原のあらゆる所に同時に出来ている。
みるみるその雪の塊は大きなビルの形になっていく。
いくつもいくつも。
二階建てや三階建の住宅らしい物も無数に形作られて行く。
またある所ではうねうねとつづく広い溝ができる。
そしてそれを渡る大きな橋が出来上がる。
それは川だったのだ。
川と並行して大きな橋脚が出来、その上に高速道路が見る見る伸びて行く。
その雪で作られた街のメインストリートの広場にはこれもまた雪で作られた大きなもみの木らしい物が出来上がっている。
電柱が伸び、電線が走り、駅らしい物が出来、線路や電車の姿も全てが雪によって作られて行くのだ。

ひとしきりの吹雪の後にやがて雪は止み、真っ暗な空の下には見事な街が姿を現した。
どこまでも白く、見渡す限りがそれ自体の白さで輝く雪の街だ。
物音一つしない動く物のいない街。
風は地上ではほぼ止んだけれど、空高くでは僅かにまだ吹いているようだった。
その風がまだ空高くに残っていた雪をまきあげ、何かの形を作っていた。
くるくる渦巻きながら雪の粒は集まり、トナカイの引くソリの形になった。
そのソリの後ろにはサンタクロースらしい人が乗っている。
地上からそれを眺めると、きっと間違いなくサンタクロースのソリに見えただろう。
しかし、上空でのそれはただのまばらな雪の集まりだった。
サンタクロースは雪で出来た街の上を円を描いて飛びまわるとやがて姿を消した。

その日は12月24日。
クリスマスイブと呼ばれていた日だった。
そう。
もう今はいない人々の暦ではそう呼ばれていた。
その人々が暮らした今はもうない街がこの日だけ、毎年雪によって形作られるのだ。
それがなぜかは解らない。
街に暮らした人々の思い出がエネルギーとしてこの星を彷徨っていると言う事かもしれない。
人々の思いが選んだ、たった一日の美しい日。
それがクリスマスイブなのかもしれない。

やがて再び風が強くなる。
12月24日も日付けが変わった。
再びの吹雪によって奇跡のような街は形を失い、吹き飛ばされ、雪の粉になって舞いあがり、新たに降り積り、ただの雪の平原へと姿を変えて行った。
春は再び来る。
雪もやがて溶けるだろう。
しかしそこにはただ荒野が広がっているだけなのだ。




おわり



今年はどんだけクリスマスストーリーを書くことやら(笑)

ランキング参加してます。
クリックであなたに幸運が(笑)
    ↓
にほんブログ村 小説ブログ 掌編小説へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]
by marinegumi | 2013-12-21 22:15 | 掌編小説(新作) | Comments(4)

a0152009_22334966.jpg

サンタクロース?
わたしの所には毎年来るよ。
小さな子どもだった頃はもちろん、大人になった今でも必ず来てくれるんだよ。
わたしがその時に本当に欲しい物を持って来るんだ。
でもまあ、夢の中でだけどね。
「なーんだ。夢の話かよ」なんて思った?
でもさあ、その夢の中でサンタさんにもらったプレゼントがさあ、次の年には必ず手に入るんだよ。
そうなんだよ。
不思議なことに必ず次のクリスマスが来るまでに手に入っちゃうんだ。
ほら、この間くれたあの時計。
きみにあれが欲しいって言った事はなかったでしょ?わたし。
それなのになぜかきみはそれをプレゼントしてくれた。
去年のクリスマスにあの時計をもらった夢を見たんだよ。
本当だってば。
不思議でしょ?
今年のクリスマスに夢の中のサンタさんは何をくれるのかなあ。
うん、きっと教えてあげるね。

え?
ああ、この間の話?
まあ、いいや。
だからさあ、教えたくないんだってば。
違うよ、きみのこと怒ったりなんかしてないってば。
聞きたいの?
いつものサンタさんが来たと思ったんだ。
でもその顔は髑髏(がいこつ)だったの。
右手には大きなカマを持って、左手で私の腕をつかんで、恐ろしい声で言ったの。
「お前の命の期限が来たぞ」って。



おわり



これは昨夜書いたツイノベを元にしています。

ランキング参加してます。
クリックであなたに幸運が(笑)
    ↓
にほんブログ村 小説ブログ 掌編小説へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]
by marinegumi | 2013-12-19 22:37 | 掌編小説(新作) | Comments(4)

袋の中身 (2枚)

a0152009_2016437.jpg

「日本の七福神の中におられる大黒と言う神様は大きな袋を背負ってらっしゃるのじゃが、あの袋の中には何が入っていると思う?」
「きっと宝物ね。宝石とか金貨とか」
「違うよお姉ちゃん。ぜったい色んなおもちゃだよ」
「ふむふむ。何ともおろかな子どもたちじゃ。そんな物は入っとりゃせんわ。開けてびっくり、空っぽなんじゃのう、これが」
「え~?それじゃあ、なんでそんな袋をかついでるのさ?」
「大黒様のその袋には七宝が入っていると言われとる」
「ほら、やっぱり宝物じゃない?」
「まあ、まあ、聞きなさい。七宝とは物質的な宝物ではなく『寿命』『人望』『慈悲』『清麗』『威光』『愛嬌』『大量』と言う人間にとって大切な精神的な七つの宝物のことを指していると言われておるのじゃ。目には見えず、手に取ることも出来ない物じゃが、人間には大事な物なんじゃよ。解ったか?そこのおバカ兄弟」
「目に見えないし、さわれないし。そんな物もらってもしょうがないじゃん」
「おお、何と言う事を。おバカ兄弟ではなく、大バカ兄弟じゃのう。人間がみんな物質的な欲望ばかりを追い掛け……」
「それでいったい何が言いたいわけ?サンタさん!?」
「いや、その、つまりじゃな。今日は大黒様の袋と間違ってソリに積んでしまったようなんじゃが」
「取りに帰ってらっしゃい!」




おわり




あれ?結局12月18日に三本投稿と言う感じになってしまいましたね。
最初の一本は昨日の夜に書いたんですが投稿した時には、日付が変わってましたか。
ちょっとコミカルな物もと思って書きました。

ランキング参加してます。
クリックであなたに幸運が(笑)
    ↓
にほんブログ村 小説ブログ 掌編小説へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]
by marinegumi | 2013-12-18 20:21 | 掌編小説(新作) | Comments(2)

a0152009_1742090.jpg

わたしはずっと此処にいる。
何年なのか、何十年もなのか、もう思い出せはしない。
船の様子はあのクリスマスの日のままだ。
甲板には巨大なクリスマスツリーが飾られ、通路やロビーにもさまざまな大きさのそれがイルミネーションで輝いていた。
至る所にクリスマスの飾り付けが施され、そう、夜の海を走るこの船そのものがまるでクリスマスツリーのようだった。
3か所あるレストランではそれぞれ、これでもかと言うほどに豪華な食事が振舞われ、人々はお腹いっぱいにそれを詰め込み、お酒を酌み交わし、子供たちはケーキを頬張った。
バーではピアノの生演奏が聞かれ、劇場では短いミュージカルが何度も上演される。
何人かいるサンタクロースは、子供たちにささやかなプレゼントを配っている。
そんな暖かい小さな世界が確かにあった。
それが今は海の底に横たわっている。

12月24日の暗い海の上。
クリスマスイブには珍しく雪が降っていた。
船の明かり一つ見えない夜の海の上にたくさんの雪が降り続いていた。

わたしのいるこの船の上にも降り注ぐものがある。
一切の音はなく、マリンスノーがゆっくりと降り続いている。
この海の中の雪は、年中降り止むことを知らない。
だからこの船の時間をあの日のまま、止めてしまったのだろうか?

わたしたちは永遠のクリスマスイブの中にいる。




おわり




ツイッターでは毎日のようにクリスマスネタでツイノベを書いています。
その中からチョイスして原稿用紙2枚ほどの掌編にしています。
このお話は「海のクリスマス」のスピンオフ作品と言う感じですね。

ランキング参加してます。
クリックであなたに幸運が(笑)
    ↓
にほんブログ村 小説ブログ 掌編小説へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]
by marinegumi | 2013-12-18 17:09 | 掌編小説(新作) | Comments(5)

a0152009_017490.jpg

聖なる夜。
空気さえ凍りつきそうな冷え切った空に半月が浮かんでいる。
そしてその空に何かの気配がする。
目には見えないがそれは邪悪な意識を持って彷徨っている。

遠い昔から子供たちに夢を与えて来たサンタクロースの伝説を口にするものはすでにない。
それは伝説ではなかった。
長い長い戦いによって次第に滅ぼされ、人々の記憶から消し去られたのだ。
そして今、サンタクロースに代わって聖なる空を行き交うのは彼らだ。
ブラックサンタクロースと言うのが一番ぴったりくるかもしれない彼らだ。
ブラックサンタはその肩の袋に滅びの種子を詰め込んでいる。
聖なる夜に世界中の子供たちのまくら元にその種子を置いて回る。
プレゼントなど貰ったこともない子供たちへ、更に邪悪な贈り物だ。
その種子は子供たちの心を蝕み、わがままを許し、自制心を奪い、夢見る気持ちを奪ってゆく。
数十年後には世界には滅亡の兆候が現れ始めるだろう。
そう、このままでは。

彼ら邪悪な黒いサンタ達の思うままにさせておいてはいけない。
わたしたちがやって来たのはブラックサンタのその袋の中に希望の種子を忍ばせるためだ。
毎年少しづつそれは増えて行くだろう。
やがていつか滅びの種子を駆逐し、子供たちの顔が希望に輝く日が必ず来る。

サンタクロースはもういない。
新しいサンタクロースにわたしたちがなるだろう。




おわり




ツイッターで書いたものを元に書き伸ばしています。
ツイッターでは普段書かないようなアイデアの物もつい書いてしまいますね。

ランキング参加してます。
クリックであなたに幸運が(笑)
    ↓
にほんブログ村 小説ブログ 掌編小説へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]
by marinegumi | 2013-12-18 00:19 | 掌編小説(新作) | Comments(0)