「ほっ」と。キャンペーン

標本棚 (4枚)

a0152009_16181892.jpg

「生物室なんて、皮肉な部屋もあるもんだよね」
ゆりあはそう言って標本棚のホルマリン漬けのカエルが入っているビンを、指でコツンとはじいた。
そして、まゆをしかめて鼻をクンクンさせながら標本棚を見て回った。
放課後の生物室。
ぼくたちは理科クラブに入っている。
週一回のクラブは終わり、部員はみんな帰ってしまっったところだ。
クラブ日誌を書き、後片付けをした。
生物室のドアをロックすれば、あとは先生にカギを返しに行くだけだった。
「皮肉って、どう言う事だよ」
さっきの一言からずっと何も言わないので、ぼくは聞いた。
ゆりあは振り向いて、目にかかった髪の毛をひとさし指でかきあげた。
大きな瞳がぼくを見た。
「だってそうでしょ。ここにあるのはみんな生き物の死体ばっかりじゃん?」
そう言うと大きなビンの中の解剖された猫とにらめっこするふりをした。
「あんたの負け~」
よく見るとその猫はまるで笑っているような表情だった。
おなかを切り開かれ内臓をあらわにされ、それでも笑っているように見えるなんて。

標本棚には他にも、もっとたくさんの標本が並んでいる。
ホルマリン液で満たされたビンの中で茶色っぽく変色しているいろんな生き物たち。
海に棲んでいた魚も、陸に棲んでいたネズミも同じようにホルマリン液の中だ。
標本箱にピン止めされたたくさんの種類の昆虫たち。
けっこう古いものは崩れて粉になって落ちている物もある。
犬やタヌキの骨格標本もあれば、鳥類の剥製もある。
「ねえ。りくくんとわたし、二人してホルマリン漬けになったらいいかもね」
「え?ど、どう言う事だよ、いきなり」
ぼくは本当に面食らってしまった。
「この辺がいいかな?」
そう言いながらゆりあは標本棚の外れのあたりの床を指差した。
「ここに大きなビンを二つ並べてさ、わたしたちの名前は書かないの。『少年12歳』『少女12歳』とだけ書いたラベルを張っておくのね。そうだなー。りくくんだけは解剖標本にしてもらおうか?」
「何言ってんだよ。気持ちが悪い」
ゆりあはそんな想像をするとは思えない優しい笑顔を見せ、声をあげて笑った。
笑い声が収まると、一瞬、生物室はしんと静まりかえった。

ゆりあは床に置いていた自分のカバンを持ち上げる。
帰るのかと思っていると、中から何かを取り出した。
それを標本棚のネズミとカエルのホルマリン漬けの間に置いた。
手の上に乗るほどの小さなおもちゃの水槽だった。
その中では小さな魚が二匹、どう言う仕掛けなのか分からないけれど、まるで生きているようにゆらゆらと泳いでいた。
窓からの光でそれだけが明るく照らされていた。

いつか生きていた者たちはみんな動かない。
初めから生きてはいなかった物だけが動いてる。

ぼくとゆりあは手を繋いで生物室を出た。




おわり




「小説の虎の穴」の投稿作品を書かなくちゃと思いながら考えていると、ついこんなのを書きたくなってしまいました。
投稿作品と言うのはやっぱり気を使うんですよね。
誤字脱字、表現におかしな所はないか、ぴったり5枚に納める為の文字数や改行ののやりくり。
つい、気楽に書けるものを書いてしまいます。

ランキング参加してます。
クリックであなたに幸運が(笑)
    ↓
にほんブログ村 小説ブログ 掌編小説へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]
by marinegumi | 2014-07-23 16:14 | 掌編小説(新作) | Comments(2)

雪だるま (4枚)

a0152009_1771136.jpg

夏休みのある日、僕は庭で生温かい風に吹かれていた。
エアコンの室外機が回っている。
ふと、その上に小さな雪だるまがふたつ乗っていた場面を思い出していた。

それは冬休みのことだった。
夜に吹雪になって一晩のうちに庭に雪が積もった。
朝には降りやんでいたけれど、庭に出てみると少しの風でもほっぺたが切れそうなほど冷たく感じた。
ぼくは庭に積もった雪で雪玉を作ってそれを投げてみた。
木の枝にあたると雪玉は割れて、枝に積もっていた雪と一緒に粉になって落ちる。
もう一度雪玉を投げようとしてかまえたとき、隣の田中さんちの二階の窓に女の子が見えた。
ガラスに顔を押しつけるようにしてこっちを見ている。
ぼくが手招きすると笑顔になってそこからいなくなった。

女の子はファーのついた可愛い赤いコートを着て下りて来た。
「雪だるま作らないの?」と、その子は聞いた。
そういえば田中さんちには庭がなかったんだ。
道路の雪はもう車に踏まれて泥で汚れたりとけてしまったりたりしている。
うちの庭は一面真っ白な雪だ。
ふたりして大きな雪だるまを作った。
風が強くなり、また少し雪が降って来たけれど、作っているうちにふたりとも汗をかいていた。
出来上がった雪だるまを見ながら、手のひらに乗るほどの小さな雪だるまも作った。
ぼくがひとつ、女の子もひとつ。
それをエアコンの室外機の上に並べてみる。
ぼくたちは顔を見合わせて笑った。
女の子は可愛かった。
その笑顔は学校のクラスの女の子の、だれよりも可愛いと思った。
また少し強く風が吹いた。
とても冷たい風だったけれど、汗をかいているぼくたちには気持ちがよかった。
女の子は田中さんの親戚で、遠い町から遊びに来ていただけだった。
だから次の日にはもう帰ってしまうのだと言った。
それを聞いても、その時にはとくに何も感じなかった。

あくる日、ぼくが家から外に出たとき、ちょうど女の子の乗った車が走り出すところだった。
女の子は車の後ろの窓から僕に手を振ってくれた。
走り出す車。
小さくなる女の子。
胸がチクリとした。
何か大事な物を失くしてしまったようなどうしようもない痛み。
そんな気持ちは初めてだった。
春休みになると、またあの子は田中さんちに遊びに来るんだろうか?
もし来たとしたら、今度はもっと仲良くなれる気がした。

待ちどうしかった春休みは来たけれど、そのまま何もなく終わってしまった。
田中さんに女の子の事を聞いてみたいと思ったけれど、恥ずかしくてとても聞けなかった。

夏休みももうそろそろ終わる。
汗をかいた僕は家の中へ入るとコーラを飲もうと冷蔵庫を開く。
コップに注ぎ、飲みながら今度は冷凍室を開けた。
そこにはあの日の二つの小さな雪だるまがあった。
冷凍室の冷気が顔にふれ、あの冬の日の冷たい風を思い出して、また胸がチクリとした。



おわり



この作品は公募ガイド8月号の「第16回実践シナリオ・小説教室」に応募して、落選だった作品です。
テーマは「風」でした。
元は原稿用紙2枚半でしたが少々手を入れて長くしています。

同じ公募ガイド8月号の「第29回小説の虎の穴」に応募した作品も落選でしたが、これも近いうちに公開します。
しかし同じ号で両方落選と言うのはちょっとがっくりきますね。

ランキング参加してます。
クリックであなたに幸運が(笑)
    ↓
にほんブログ村 小説ブログ 掌編小説へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]
by marinegumi | 2014-07-09 17:14 | 掌編小説(新作) | Comments(2)

少年の夢 (2枚)

a0152009_1814473.jpg

僕はベッドに横になっている。
でも少しも眠くはない。
毎日考え事があって、なかなか眠れないのだ。
その僕のベッドの横に大きなおじさんが影のように座り込んでいた。
「生きて行く上で何が一番大切かって?そりゃあなんと言っても『夢』だよ。『夢』より大切なものはこの世にはないと言ってもいいくらいだぞ、少年」
おじさんはそう言ってひげをひくひく動かした。
僕のことを「少年」て言うのがちょっとくすぐったい。
「絶対そうだよね。僕もそう思うんだけどさ。お父さんに『そんな甘いこと言ってるようじゃだめだ』って言われちゃってさ」
「ふむ。まあ、甘い夢も中にはあるからな」
「いや、そうじゃなくって。『ちゃんと働いて、お金を稼いで、食えるようになるのがまず大事だ』って言うんだよね」
「少年。きみはどうしたいんだ?」
「だからさ、とりあえずバイトでもしながら音楽活動をやって行こうかなって、思ってるんだ」
「音楽活動ってのが少年の『夢』と言うわけだな」
「ねえ、おじさん。僕のお父さんを説得してくれない?おじさんはお父さんより125歳も年上なんだろ?説得力あると思うからさ」
「え?しかしだな、少年のお父さんとは初対面だしなあ」
「ね。お願い!」
「でもなあ、難しいんじゃないか?『夢』だけあれば生きて行けるこの私が説得してもなあ」
そう言って、175年も夢だけを食べて生きているバクのおじさんは、またひげをひくひく動かした。




おわり



最近書いたツイッター小説を元にして書きました。
こういう風に元の140文字足らずのお話にいかに苦労なく肉づけできるかなんですけどね。


元のツイッター小説はこれです。

何が一番大事かって?そりゃあ夢だろう。
夢さえあれば…え?
お父さんがそれは甘いって言うんだ?
お金を稼いでちゃんと食える様になるのが先ず大事だという事なんだね。
え?お父さんを説得してくれって?
いいけどさ、夢だけで生きていける獏の私が説得してもねえ。


ランキング参加してます。
クリックであなたに幸運が(笑)
    ↓
にほんブログ村 小説ブログ 掌編小説へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]
by marinegumi | 2014-07-03 13:30 | 掌編小説(新作) | Comments(2)

紙コップ (2枚)

a0152009_1816588.jpg

あいつってなんか変なやつなんだよね。
みょうになれなれしくってさ。
「あ。何か運命感じちゃうな。きみとボク」
初めてしゃべったひとこと目がそれなんだよ。
教室の休み時間にいつの間にか後ろに立っててさ。
目が合うなりそう言ったの。
信じられる?
それで、今日は今日でいきなり紙コップを渡されちゃったのね。
ジュースでも入れてくれるのかと思ったんだけど、いや、もしそうだとしても断ったけどね。
紙コップを渡しただけで、コーラとかコーヒーとか入れるわけでもなく、ただニコニコしてる。
「何これ?」って聞くと「紙コップだよ」って。
わかっとるわい。
「いつでもきみとお話し出来るようにね」
え?どゆこと?ますますわけわかんない。
「糸電話にするんだよ。これだとただでお話しできるだろ?」
幼稚園児か!
「こんなので教室であんたと電話ごっこなんてやってられないわよ!」
「いやいや、きみの家とボクの家でお話しするんだよ」
「そんな長い糸どうすんのよ?」
「それはね。きみとボクとの赤い糸を使うんだよね」
そんなもん最初っからないし!

で、家に帰って今、目の前に紙コップがある。
思い出すとおかしくってさ。
一人部屋で笑い転げちゃった。
学校へ行く楽しみが一つふえたような気がする。



おわり



なんかねえ。
小説を書く気分になかなかならないのですね。
公募ガイドの小説の虎の穴「藪の中的多元視点」のテーマ作品は書けませんでした。
アイデアはぽっと浮かぶんですがそれに肉付けしていくパワーがないと言うか。
まあ、毎年夏になると仕事の疲れでそうなっちゃうんですけどね。
それではいかん、と言う事で無理やり一つ書いてみました。

紙コップの画像が連続してしまいましたけどね。

ランキング参加してます。
クリックであなたに幸運が(笑)
    ↓
にほんブログ村 小説ブログ 掌編小説へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]
by marinegumi | 2014-07-02 18:23 | 掌編小説(新作) | Comments(6)