a0152009_1842795.jpg

☆マッチ売りの少女 その1

「おじさん一つ買ってくださいな」
「おやおや、かわいそうに。最近、こんな寒い夜にひとりマッチを売る少女がいると聞いたんだけど、あなたの事ですね。私がぜんぶ買ってあげましょう」
「ぜんぶですか?そんなにお金があるの?おじさん」
「え?たかがマッチだろ?」
「マッチもあるけど、今は主にライターを売ってるのよ。ジッポーの限定デザインばかり。ほら、このビートルズ来日記念モデルは15万円よ」



☆シンデレラ その1

「ああ、ガラスの靴がピッタリだ。あなたこそ、探し求めていたプリンセス。僕と結婚してください。そしてこれがダイヤの結婚指輪です。12カラットあります」
「まあ素敵!でもこんなに高価な物・・・」
「ほら、こっちの靴はガラスの靴をモデルにしてダイヤモンドを100個ちりばめて作らせたんだぜ。いやあ、お金がかかっちゃったなぁ」

二人は結婚したものの、王子様の王国は間もなく財政破たんに陥ります。



☆白雪姫

「♪ハイホー、ハイホー俺たちは♪みんな仲良し、ハイホー、ハイホー♫」
「あれ?なんだか俺たちの家の前にたくさん人がいるよ」
「でっかいカメラを持ってるやつもいるぜ」
「あいつはマイクを持ってる」
「おかえりなさ~い」
「白雪姫。この人たちは誰なんだい?」
「CM制作会社の人よ。あなたたちはプロバイダーHi-Ho(ハイホー)のCMキャラクターに決まったのよ。私がマネージャーをやるわね」



☆赤ずきん

「赤ずきんちゃ~ん。どこに行ったんだ~」
「赤ずきんや。もうすぐ結婚式が始まるよ~」
「新郎さんはもう用意が出来てますよ~」
「ここにいるわよ!白いウエディングドレスを着ちゃうと存在感ゼロね、わたしって」



☆白雪姫

「赤ずきんや。この毒りんごを持って白雪姫の所へ行ってきてちょうだい」
「お母さん。まだボケる歳でもないでしょ?」



☆おやゆび姫

チューリップの花が開くと、そこには小指ほどの小さな女の子がいました。
「私は小指姫です」
「なんだよ。普通、チューリップには親指姫でしょ?」
「いえ、この花はクルシアナペパーミントスティックと言う名前で、チューリップの原種と言われていて、チューリップより花が小さくて・・・」
「どうでもいいわよそんなこと!」



☆ピノキオ

ピノキオは、クジラのおなかの中でゼペットじいさんと再会しました。
「おじいさん!やっと見つけたよ。こんな所で何か月も何を食べて生きてたの?」
「何って、ほらクジラ肉が有り余るほどあるじゃろ」
「ああ、それでなんだね。このクジラは胃痛で病院に診てもらいに来たんだよ」



☆3匹の子ブタ

「ふう、やっとレンガの家が出来上がった。あれ?お兄さんたちが逃げてきた。オオカミに追われてるぞ。早く早く。ぼくの家に入って」
ガラガラグシャ!
「レンガの家がこわされちゃった~」
「早く早くこっちだよ」
「あ、あれは行方不明だった一番上のお兄さんだ」
「さあ、このコンクリート製の要塞は大丈夫だよ。機関銃も大砲も装備してるしさ」
子ブタたちは4人兄弟だったのです。

やっぱり一番年上のお兄さんが一番賢いね。



☆はだかの王様

「あっ、王様は裸だ~」
「わしのパソコンにウイルスバスターを入れてくれ。子供にハッキングされてウェブカメラで見られとるぞ」



☆美女と野獣

全ての魔法が解けました。
野獣に姿を変えられていた王子は元の姿に。
美女に姿を変えられていためすブタも、ちゃんと元の姿に戻りました。
めでた……



☆マッチ売りの少女 その2

「これが最後のマッチだわ。見えるわ。幸せそうにクリスマスを過ごしている家族が。みんな笑顔で、暖かそうな服を着て、ご馳走を前にして……」
少女の持っているマッチは最後まで燃え尽きようとしていました。
「あち~!!ばかやろ~!火傷しちゃったじゃねーか、くそったれ!」



☆シンデレラ その2

「あー、舞踏会楽しかったわねー」
そう言いながらシンデレラはガラスの靴を揃えて靴箱にしまいました。




おわり




これはりんさんのブログのコメント欄に埋もれていた短いお話です。
りんさんの書くパロディーに刺激されて、読んだ後にその場で書いたものがたくさんたまったのでまとめてみました。
「名作パロディー・日本編」は来年早々アップする予定です。

今年は一年間ありがとうございました。
ちょっと更新のスピードが後半落ちてしまいましたが、来年は頑張ろうと思います。
よろしく~

ランキング参加してます。
クリックであなたに幸運が(笑)
    ↓
にほんブログ村 小説ブログ 掌編小説へ
にほんブログ村
[PR]
by marinegumi | 2015-12-31 18:47 | 掌編小説(新作) | Comments(0)

a0152009_0585236.jpg

1 トナカクロース

サンタクロースはすっかり歳を取ってしまいました。
今ではもう世界中の子供たちにプレゼントを配りに行くことは出来ません。
だからこの時代では子供たちのお父さんお母さんがサンタの代わりにプレゼントを贈るようになっていたのです。
しかし、とサンタクロースは思います。
親のない子供たちもいるではないかと。
そんな子供たちにだけにでも、以前のようにプレゼントを配ると言うのはどうだろうかと。
そうは思っても体が付いて行きそうにありませんでした。

そこでサンタクロースは相棒のトナカイに行かせてはどうかと気が付きました。
あの頃のトナカイはサンタクロースと同じように年老いてはいましたが、子供や孫たちが大勢生まれ、数に不足はありませんでした。
暇を持て余していたトナカイたちもその話に大乗り気でした。
世界中の親のない子供たちの枕もとにそっとプレゼントをしのばせる。
それはとっても幸せな事でした。
プレゼントをもらう子供以上に幸福な気分になれるのです。
それはトナカイたちも一緒でした。

クリスマスも終わり、数日過ぎた頃から子供たちのお礼の手紙がサンタクロースの元へ届きはじめました。
その手紙をサンタクロースは目を細めながらトナカイたちに読んで聞かせました。
そしてその中にちらほらこういう手紙が混じっていました。
「プレゼントのおもちゃ、とってもうれしかったです。でも部屋の中が少し、けもの臭かったのはどうしてでしょう?」

もちろんそんな手紙はトナカイには読み聞かせはしませんでしたけどね。




2 プレゼント

わたしの彼ってさあ、ちょっと変わってるんだよね。
クリスマスに仕事が入ってさ、プレゼントが間に合わなかったのは、それはそれでしょうがないかも知れない。
その仕事がトラブっちゃって、しばらく会えなくって、渡すチャンスがなかったと言うのもあるかもしれない。
そのプレゼントを次の年のクリスマスのプレゼントに回すと言うのもまあ、百歩譲って許すとしてもさ。
食べ物には賞味期限と言うものがあるんだよね。

このスイートポテト、カビだらけじゃん。




3 サンタを訪ねて

誰だねそこに立っているのは?
ほら、雪が吹き込むからドアを閉めて入ってきなさい。
どうやってここまで来たんだい?
外はずいぶんひどい吹雪だったろ。
ああ、そうだよ。
私がサンタクロースだ。
正真正銘、本物のサンタクロースだよ。
え?なんだって。
君はプレゼントをもらえなかったと言うのかい。
それではるばるこんな所まで来たと言う訳か。
そうか、そうか、ご苦労だったね。
ふふふ、実は君へのプレゼントはここにあるんだよ。
君が来ることはちゃんと判っていたからね。
ほら、これだ。
メリークリスマス!

どうしたんだ?
こんなに大きなプレゼントの箱は見たことがないって?
そりゃそうさ。
これは特別なプレゼントだからな。
本当は君のパパとママがちゃんと用意してくれるはずだったものなんだよ。
君がクリスマス前に死んじゃったものだから渡せなかったのさ。

特別な、最後のクリスマスプレゼントだよ。




4 取扱注意

クリスマスの朝。
目が覚めてびっくりこん。
枕元にプレゼントの箱があった。
それも僕の背ぐらいある大きな箱だった。
持ち上がらないほど重い。
わくわくしながら開けてみると箱の中には半分ほど水が溜まっているだけだった。
包装紙にはさんであったメッセージカードを読んでみた。
「取扱注意。今年のプレゼントは雪だるまです。早めに冷凍庫に入れて下さい」

サンタさんお金がなかったの?
それともなにかの冗談?




5 使命

私がまだほんの子供だった頃。
クリスマスの朝、目覚めると枕もとには大きな靴下が片方だけ置いてあった。
毛糸で編んだ帽子にでもできそうな大きな大きな靴下だった。
その意味も解らず、かと言って捨てるわけにもいかず、なんとなく枕元の壁に掛けておいた。

その靴下はいつもそこにあった。
何度か家族は引っ越しをしたけれど、新しい家の私の部屋のベッドの枕元にはその靴下がずっと掛かっていた。
父を亡くし、母を見送り、子供たちはそれぞれ新しい家庭を作った。

ある日の鏡の中には白いひげを蓄えた私の姿があった。
ずいぶん年老いておかしいほどしわだらけだった。
自分でも驚くほど生気のない目をしていた。
その時、窓の外から鈴の音が聞こえて来たのだ。
今日はクリスマスイブだったのを思い出した。
枕元の大きな靴下がなぜか気になった。
孫が忘れて行った車のおもちゃを無意識のうちにその靴下の中に入れると、靴下は待ちかねたように消えた。

その時私は悟ったのだ。
これまでの人生が終わり、人のために尽くす新しい使命が始まるのだと。
ふわりと赤い防寒着がベッドの上に現れた。




6 いまどきのサンタ

雪深いフィンランドから世界中の子供達にプレゼントを発送する。
昔は世界中にいたサンタたちも今は私一人だ。
便利な世の中になったもので、すべての配達は赤く塗られたドローンが済ませてくれる。
私はプレゼントの発注をするだけだ。
運ばれてきた夥しい数のプレゼントはバーコードシステムで自動仕分けされ、自動でドローンに装着される。

おや?警報が鳴っている。
なに?ドローンが一機行方不明?
こんな時は赤外線カメラ搭載のトナカイドローンの出番だ。




7 クリスマスケーキ

クリスマスに残業だなんてほんとにもう嫌になっちゃう。
まあ、彼氏がいないのが幸いだね。
もしもいたとしたら喧嘩になっちゃうかもね。
寒~い。
早く帰ってテレビでも見て寝ちゃお。

あ、ケーキ屋さんがまだ開いてる。
そうだね。
今日は稼ぎ時だもんね。
この店でアルバイトしてたから知っている。
クリスマスには夜の十時まで開けてるんだよね。
そして、あのショーケースの中のたった一つ売れ残ったクリスマスケーキは、閉店後、つまりあと5分後には廃棄処分になるんだ。

気が付くと店の前にいた。
店員さんは見覚えのない人。
「これください」とクリスマスケーキを指差しているわたし。
どうしよう。
一人暮らしでは食べきれやしないのにさ。

ケーキの箱を持ってしばらく歩いて行くと後から覚えのある声が聞こえた。
「相変わらず優しいんだね、なっちゃん」
名前を呼ばれて驚いて振り返った。
あのケーキ屋さんで一緒にアルバイトをしていたケンジだった。
「そのケーキ。一緒に食べてやろうか?」
「あんた、彼女いたでしょ?」
「残念でした。去年のクリスマスに振られてさ」
「部屋に上がっても変なことしないでよ」
「しねーよ」


「あ、雪が降って来たよ」




おわり



おくればせながら、メリークリスマス

このクリスマスストーリーはツイッターで書いたものです。
クリスマスイブ、クリスマス、クリスマス明けと三日間で書きました。
どれも4~5分で考えて書いたものですが、今回長く書きのばしながら結末が違う物になったり、途中のエピソードがあれこれ浮かんで来たりして楽しく書けました。
一気に書き上げてしまいましたね。

ランキング参加してます。
クリックであなたに幸運が(笑)
    ↓
にほんブログ村 小説ブログ 掌編小説へ
にほんブログ村



[PR]
by marinegumi | 2015-12-29 01:07 | 掌編小説(新作) | Comments(5)

a0152009_21334265.jpg

偕成社のサイトで連載されている、高井信さんの「小学生のためのショートショート講座 第17回『自分だけのおもしろさをみつけよう』」です。
イラストは、僕が描かせていただいています。


『小学生のためのショートショート講座』記事一覧
第17回『自分だけのおもしろさをみつけよう』

うーむ。
やはりこういう絵的に面白い物の方が、小学生諸君には受けが良いようですね。

『自分だけのおもしろさをみつけよう』と言う事で、ロボットのショー太君だけにできる面白さを披露していると言う図であります。

ランキング参加してます。
クリックであなたに幸運が(笑)
    ↓
にほんブログ村 小説ブログ 掌編小説へ
にほんブログ村
[PR]
by marinegumi | 2015-12-28 21:38 | 写真や お絵かき | Comments(0)

暖炉 (1枚)

a0152009_17145363.jpg



ぼくは今夜もまた ぼくの絶望を暖炉で燃やしている
孤独なやりきれない思いなら いくらでもぼくには持ち合わせがある
その炎は まるで血のような色で燃えるのだ
ともすれば黒ではないかと見間違う赤い炎だ

そんなぼくの前に美しい少女が現れた
ぼくたちはお互いに孤独で 絶望をそれぞれ抱えていた
ぼくたちは愛し合い 二人から絶望は消え去り 夢と希望が暖炉の薪(まき)になった
夢はオレンジ色に燃え 希望は黄色く燃えた

ぼくたちはその炎を見つめながら震えていた
いつか二人に来るはずの 絶望の予感に怯(おび)えていた




おわり




きのう書いたツイッター小説を少し長くしたものです。
何となく表現が気に入ってしまったので。

この作品をはるさんが朗読の動画にしてくださいました。
こちら→ブログ「ゆっくり生きる」



ランキング参加してます。
クリックであなたに幸運が(笑)
    ↓
にほんブログ村 小説ブログ 掌編小説へ
にほんブログ村
[PR]
by marinegumi | 2015-12-06 17:17 | 掌編小説(新作) | Comments(6)