私は電話を待っていた (ツイッター小説) 19~21

その19
a0152009_18116100.jpg

私は電話を待っていた。
作業用ポッドから宇宙空間へ出た所で電話を忘れている事に気がついたのだ。
電話という呼び名で通っているそれは通信機能だけではなくポッドの遠隔操作の機能も持っていた。
船から軌道を計算して打ち出された電話は一度太陽光できらりと光り、丁度10分後に私の手の中にあった。




その20
a0152009_2153319.jpg

私は電話を待っていた。
3分後にベルが鳴る。
「もしもし。博士?」
「いいかよく聞け。あいつの電源を切れ。まず出力を30%にまで‥」
時間が元に戻った。
不完全なタイムマシンが何度も同じ動作を繰り返している。
電話後、10秒で時間が戻る。
その間に切る手順を伝えなくては。

私は電話を待っていた。



その21
a0152009_21554457.jpg

私は電話を待っていた。
姿を自由自在に変える地球外生命体を駆除する方法の連絡だ。
その生命体は強力な電気を帯びていて、触れば即死だ。
そして今、そいつは電話機に姿を変え、本物の電話機と並んでいる。
まあどちらかベルが鳴る方が本物のはずだから問題はない。

気がつくと電話機は5台に増えていた。



なんだかんだと言いながら20本を過ぎましたね。
最初は1日に5本とか書いていたので、100本の大台もそんなに時間はかからないかも。

ところで最近スキンをころころ変えています。
これはちょっと表示がおかしいからなんですね。
前は上の方に表示されていた、プロフィール画像が、記事の一番下に表示されるようになってたんです。
そうなっちゃうスキンと、ならないスキンがあるんですよね。
そのうち治るかなー?

ランキング参加してます
クリックしてね↓
にほんブログ村 小説ブログ 掌編小説へ
人気ブログランキングへ
[PR]
Commented by ヴァッキーノ at 2011-04-12 11:43 x
2001年宇宙の旅っぽい所から投げ出された電話が、歴代SF映画の軌跡をたどるかのような連作。
ステキでした。
あと約80話っすね!(笑)
Commented by haru123fu at 2011-04-12 15:56
>不完全なタイムマシンが何度も同じ動作を繰り返している。
あらら、どこかで聞いたような!う~んっと、え~っと。
あ、そうか!そうだったのか。
この10秒の間に操作を完了する。
それがたった一つ残されたチャンスだったのですね。
さあ、時間の檻から脱出だ。
ありがとです。o(*^▽^*)o 

>100本の大台もそんなに時間はかからないかも。
すごーい!!100本クリアしたらお祝いしましょうね!

Commented by marinegumi at 2011-04-13 19:29
ヴァッキーノさんこんばんは。
2001年宇宙の旅っぽいというか、映画の写真を使わせていただいています。
前回のと合わせて、6作品をSFテイストで書いてみました。

1日5本づつ書いていたらあっという間に30本たまっちゃって、100本ぐらい軽そうだと思っていたんですが、今はあんまり考えてないんですよね。
考えればアイデアが出るかどうか‥と言うところです。
Commented by marinegumi at 2011-04-13 19:34
haruさんこんにちは。
そうなんですよね。
haruさんの作品とかぶってるなーとは思っていました。
まあ、タイムマシンもので、時間が繰り返すと言うアイデアはよく使われますからね。
どう言う繰り返し方をするかと言うところが勝負です。

100本クリアしたらお祝い?
うーむ。
3本づつアップしているので、99本の回の次は、102まで行っちゃってますよ~
どうしましょ?(笑)
まあ、その回だけ4本でアップしましょうか?
Commented by y_fstw at 2011-04-17 22:06 x
 続きますねー。
 23なんて片思い中の妄想を思い出してしまいますね。電話しようとして、「待てよ、もしかしたらいまあの子が自分に電話しようとしているんじゃないか?」なんてちょっと間を置いてみたり…。
 私も以前に「電話が鳴っている」の書き出しで連作を作ろうかと構想したこともあります。でも、ここまで本数が書けるかな?字数制限もありますしね。
Commented by marinegumi at 2011-04-18 23:18
y_fstw さんこんばんは。
そうですね。
電話に関する経験や妄想を総動員という感じで書いています。
「電話が鳴っている」はいいかもしれませんね。
「私は」で始まると主人公がある程度範囲が狭くなりますからね。

数は何とか書けるものですよ。
世の中の様々な出来事を参考にすればいいだけですから。
文字数に関しては慣れですね。
y_fstwさんもぜひどうぞ。
by marinegumi | 2011-04-11 22:03 | ツィッター小説 | Comments(6)