光文社文庫「ショートショートの宝箱」重版

a0152009_1652230.jpg

光文社文庫「ショートショートの宝箱」が重版されました。
けっこう売れていると言う事らしいので、うれしい限りです。

ところで、この本に入っているわが作品「ぼくにはかわいい妹がいた」ですが、これのアイデアは犬の散歩中に思いついた物です。
(以下、ちょっとネタバレになるかも)
いつもの散歩コースに、時々誰かがノラ猫のためにエサを置いている事があるのですが、我が愛犬はそれを見つけると食べようとします。
エサを置いてあるのがわかっていたら近ずかないようにして食べさせないのですが、ある日、うっかりしていて、あっという間に少し食べてしまった事がありました。
すぐにやめさせたのですが、その時、とっさに出た言葉が
「キャットフードなんか食べると、ネコになってしまうぞ!」
でした。
その言い草に自分でも笑ってしまったのですが、これは面白いかもと思って散歩中にあれこれ考えて、帰って来るころにはほぼストーリーが完成していました。

わが作品には犬の散歩がらみの物が他にもいくつかあります。

ランキング参加してます。
クリックであなたに幸運が(笑)
    ↓
にほんブログ村 小説ブログ 掌編小説へ
にほんブログ村
[PR]

by marinegumi | 2018-01-05 16:18 | | Comments(0)